人気ブログランキング |

タグ:遺作展 ( 21 ) タグの人気記事

10月4日(木)

今日の午前中はHIV/AIDSサポートボランティアのケースミーティングに行った。2時間ある会議を1時間に短縮してもらい、その足で予約してある渋谷区青山にある東京ウイメンズプラザの会議室に向った。まず事務室で半日分の使用料1,400円を支払い、部屋の表示板をホワイトボードマーカーで書き入れているとまもなく、もう一人の使用者である知人がいらしてくれた。こちらの有能なプロフェッショナルな協力者は会議用机に並べられた200点の作品を次々と眺めながら、数十枚をたちまちピックアップされた。シリーズの抽出が完了しました。有用としか言えない雑談1時間を含め3時間強で全てを終えてくださった。本当にありがたい。今日はその意味で私にとって最強の日であった。次の課題を頭の中で整理しながら、午後4時の地下鉄の階段を一人降りた。
9月26日(水)

遺作展用の全写真作品(216種類約300枚)をポートフォリオ用ファイルから取り出しナンバリングを押した付箋紙を貼り、さらに来月お願いする予定のキュレーターさんの作業用に箱詰めした。たっぷり5時間かかった。終わってよかった。
5月14日(月)

今日とても嬉しいことがありました。故人の友人さんのお一人からメールをいただけたのです。その内容は私にとって必要な項目でした。写真展のアドバイスです。私は限りなく全文引用に近い部分引用を行い、期せずして長文化したメールを返信しました。

結論は出ていません。ですが、回りの風景が徐々に見えて来ました。
f0204425_2173643.jpg
↑これも遺品でした。
5月14日(月)

いま「展示」の前の「出版」のさらに前段階の「見本印刷」を考えています。
一昨日アドバイスのあった「オンデマンド印刷」をググっていくつかの印刷所をネット上で訪ねた。へえ、、、かなりのコストダウンは顧客自身の原稿準備の努力によって補われているようです。自分出来るでしょうか? それにしても安い。最安値2千円から。でも大体2万円かなあ。それを勉強するとか、、、。もうひとつはやはり英訳とタイ語訳だと思います。こっちも業者発注の以前に自分の努力が要ると思われます。今日はぼちぼちとそれらをします。
f0204425_97345.jpg
↑遺品の書籍類にタイ語が、、、でもタイの現地で廃棄して来ました。なにせぐしょぐしょでしたから。
5月12日(土)

午後、ヨガのクラスにproud paradeで買ったシルク製オレンジミニドレスを着けて行った。先生の眼がすっと私に寄せられ、歩いて来られ「スゴい」と言って肩を触った。1時間よい「調べ」が出来た。服のせいかはわかりかねます。

夕食後に六本木の禅フォトの非公式飲み会にワインを下げて寄った。ここに何故かロベール・ドアノー(Robert Doisneau)がかかっていた。生誕100年記念で各地で行われているらしい。私は何人かの来客と話をしたあと、もう帰りがけになってやっとマークさんに「写真集/展」の相談をした。一つのアドバイスをいただいた。「もう私たちだけになっちゃったから、、」とその場に居合わせたかたから長居を誘われたのですが、駐輪料金とか大相撲夏場所とか買物とかどうでもいいことを理由に(別に話しませんでしたが)失礼した。

Precceで見切品を買って冷蔵庫に入れた。ブルーの皮ジャンの下が少ない布地の服でとても寒かったので風呂を沸かして入って寝た。
1月29日(日)

久しぶりに昼間一日家にいた。
新たな提出先へ向けて、別紙キャプション作りの前段としてナチュラルローソンでコピー機を独占した。テキストのプリントはセブンイレブンで行った。家のエプソンが故障したのでネットプリントというものを初めて行った。ついでにエプソンの修理依頼書もネット印刷した。1枚20円安いと思う。
f0204425_1644369.jpg

次に切り貼りをした後、さらに縮小をかけてサムネイルのようにし、ハサミとノリでテキストと一体化します。たぶん明日。
1月27日(金)

副詞の勉強をした。「とても」「すごく」「よく」「少し」「ぜんぜん」「まったく」「あまり」など。例文を作り誤りを訂正した。肯定型と否定型がある。例外的に「ぜんぜん」を若い人は「ソレってぜんぜんいいですよ〜!」と使います。その辺を説明しましたが(説明も日本語です)理解されたかどうか。


その方は私が現在企画している写真展の資料をたまたま見て「その作品は(紛争関係なので)青山のUnited Nations University (UNU) で行えばいい。きっと受けてくれますよ」とアドバイスを下さった。なるほど、、、考えてもみなかった場所です。しかし、、、どこも敷居が高いです。
1月27日(金)

昼食後手元リストにしたがって、グロスとマットの種別と枚数をチェックした。

その結果、ユーゴシリーズは45点あり、グロスは24点でマットが45点であった。したがって自動的に提出作品はマットで統一することになった。ちなみに全枚数100枚をチェックした(複数同一作品があるので)。
タイシリーズの方は51点、そのうちグロスが大半で50点、マットは12点しかなかった。こちらも自動的にグロスで統一することとなった。全枚数84枚のチェック仕事であった。

それぞれから40点を選ぶのは母数が少ないために難しくはない。単に箱にぶち込むのでしょう。
問題は別紙のキャプションを作る作業で、タイシリーズの一部はデジタルデータがありますが、その残りとユーゴの全てに関しては、コピーの縮小倍率で行うしかなさそうです(ネガはどちらもありません)。A4の作品そのものをコンビニのコピー機に2枚ずつ並べ、最終的に2cm×2cmくらいにして、切り貼るのかも知れません。やってみないとわかりません。それと短い文章。

風邪がなかなかあっちへ行ってくれません。盲犬はよく寝ています。
1月26日(木)

あらたな提出先に向けて作業再開です。
午前中の短い時間帯で6冊だったかのポートフォリオファイルを引きずり出しザッと作品の数量を数えた。ユーゴが40点(リスト上は48点)、タイが60点(リスト上は62点)ほどあるようだ。夕食後、取りあえず少ない方のユーゴのシリーズの、光沢とマットの種別を調べてみた。半々のようだがよく分からない。数がいかげんなのは風邪がダラダラと悪化してなかなか集中出来ないからなのです。


明日、体調が回復したらリストと照合して光沢マットの別、枚数をチェックしようと思う。止まらない洟が、かんでもかんでも溢れ出てついには口に中に流れ込みますね。


選別、キャプションはまだまだ先です。
1月23日(月)

昨夜は8時台に寝たので朝は5時台に起きた。私の不注意から、犬に羊の敷物2カ所に黄色い1番尿をたっぷりされてしまった。
「どうしてそんなに沢山お水を飲むんだろう」と疑問に思い「オシッコそんな所にしちゃダメだよ」と犬に叱る自分はかつて「どうしてそんなに沢山お酒を飲むんだろう」「オシッコそんな所にしちゃダメだよ」と相手さんに感じていた(叱らなかったけど)のと酷似している。
6時台の小田急線に乗って東京に戻った。朝10時からのヨガに出た。終わった後「今日は頑張りましたね、いちばん前で」と先生が私に言われた。

午後1時からのカウンセリング出た。持参した額装の1点が離れたソファーの上に置かれた。あるキュレーターとお会い出来た話をした。「希望がかなってよかったですね」とその方が言った。

家に戻りメールを開くと所属している学術学会事務局の委託機関より、ひとりの査読委員の意見がPDFファイルで送られて来ていた。青ペンで記入された箇所が多数あった。もうしばらくしたらチェック作業を行うのだと思う。