人気ブログランキング |

タグ:ホームレス ( 11 ) タグの人気記事

12月15日(土)

「東京生活保護福祉研究会」というケースワーカー系のグループの主催で葛飾区高砂にある「立花荘」を見学する学習会があり参加した。今回の見学は、私の想像していた劣悪な住居とは真逆な優良NPOの運営のものだったので一般的に「施設は絶対いやだ」とおっしゃる方々の理由を知ることは出来なかった。別の座で説明と意見交換をし、流れで一人の参加者さんと飯田橋のもやい事務所まで向かい、事務局会議にも出席した。ここもオープンな雰囲気で想像したような堅苦しさはなかった。帰りがけ3人でパスタを食べた。そのうちの一人は明日の夕方からの西新宿ホームレス見回りにも参加すると言っていた。それは午後11時まで続くのだと言う。


今日私は年の瀬やクリスマスで沸き立つ中で、ストイックに活動する人々の逆に余裕ある笑顔や態度に気付いた感じがした。物質的な快楽、面白可笑しい日々の対局にあるものでなかなか見えづらい。自分にとっては質量を持っているもの。
12月11日(火)

今夜、近所でいつもの日本語コーチを終えた後、飯田橋の居酒屋であったNPO法人もやい(生活困窮者の自立支援サポートグループ)の忘年会に参加した。「全然まじめに活動していないのに、飲み会だけですみません」と回りの席の人々に一応頭を下げます、普通にOKなのですが。道々何か動機を聞かれたらこう言おう風に考えていましたが、無駄に終わりました。飲み会ですから。本当にざっくばらんで楽しかった。後半、湯浅誠氏が大阪から駆けつけてくれました。「時々TVで拝見しています」と話掛けようか悩みましたがあまりに稚拙な感じがして止めました。このグループ、優秀な人材資源、でも大半は普通の人たち。20歳からずっと上まで、30数名が酒の雫で2012年の苦労を労いあいました。f0204425_1572259.jpg
9月18日(火)

あるNPO法人のホームレス支援に初めて行った。午前10時半からの打合せに顔を出したあと午前は「入居支援」、まかない食を昼にいただいた後「生活相談」に同席させてもらった。まず10時半にその場所を私がうろつくと「受付は11時からだよ」と3人待っていたホームレス男性の一人が私に言った。そしてもうひとつの場所のドア先まで案内してくれた。「入居支援」とは都会で孤立無援で低所得の一人暮らし男性のアパート入居の際にNPO法人が安価で保証人になったり、保証会社契約が条件の物件の際には緊急連絡先になるというサービスだった。一方「生活相談」のほうは福祉につながる以前の人でこちらのほうが利用者もボランティアも圧倒的に多い。私は自分以外のボランティア全員が熟練者かと思ったら私と同じく今日が初めてという人が一人いらした。別に7月から始めた方もいらした。午後2時に中座した。ネームプレートを返し交通費を精算し地下鉄に乗った。いったん帰宅し、そのあと日本語コーチのボランティアを午後4時から5時まで行った。こちらでは外国人の在留ビザ発給の難題があった。どちらも知らないことばかりの一日だった。
7月10日(火)

それはどういう意味だろう? 数日前にそれを教えてくれたのは私のヨガのインストラクターだった。「繊細に行うこと(が大切)です。それはつらいことかも知れません」五感、特に私にとっては視覚から心に迫るものを深く感じ次に考える(あるいは行為に及ぶ)ことなのだと思う。


例えば一昨日渋谷駅の井の頭線改札に向う通路にぽつんと一人のホームレスが頭を下げて正座をしていた。それは日本のホームレスの取る態度としては珍しかった。その男は40代位で髪はごく普通の長さで髭も目立たない。シャツとズボンは地味で路上生活の色に染まっていた。厳しい角度で下を向きその場所には金を集めるための小さな容れ物があった。その姿は「私は最近までごく普通のサラリーマンでした。しかし故あって私は職を失いましたし、おまけにその他すべても失いました。大変辛いです。どなたか助けて下さい」と語っていた。私は急いでいなかった。しかし私を取り巻く目に見えない空気の流れは彼を通り越して改札付近まで私を運んだ。ビリビリと無理矢理その気流から体を剥がし、立ち止まった私はバッグから菓子パンとサンドイッチを探った。「あの、これでも召し上がって下さい」と渡そうかどうしようか迷った。けれどもしかして彼は金だけを必要としているのでそれを断るかも知れない。パンを渡している私を回りの通行人は陳腐に感じはしないだろうか。この種の人々の多い外国でさえそうしない自分が今日に限ってそんな行動を取るのはいかがなものだろう。彼は老人ではない。病人ではあるかも知れない。一見それはわからない。などと考え続けとうとうパン類をバッグにしまっていた。


その通路自体は私にとって、特定の意味のある場所だった。特別の友人さんが亡くなる1ヶ月半前にそこで待合せ最後の小旅行に向った場所だった。彼の服はやはり上下とも大変汚れ、両腕や顔までも黒い泥が付着していた。まるで喧嘩で相手からどつき倒されたという風の。金はこれっぽっちも無く仕事だって10年前から無く、こと病気に関しては手の着けようもない。


わからない振りをしていた。
2日前と2年前の私はまったく同じだった。


繊細に生きるという意味は、私には上手く出来ないかもしれないけれど、単にそうしていたいと願う。
3月22日(木)

Taichiのレッスンの後すぐNDLに向った。都道413号を使った。約2時間そこで過ごす。ロンブン中のたった2つのフレーズに関しての引用文献をもう1週間ほども探している。今日も空振りに近い。ただ勉強にはなっている。
帰路も同じ道を使ったのは、乃木坂トンネル(そこに一人ホームレスが住んでいた)を抜けて青山墓地に差し掛かるとそこに開花した美しいサクラが数本あったからだ。


こうしてチャリに乗って日中を過ごせるのは幸せなことだと思う。それが出来る最大の理由は自分自身の健康だとわかった。それは自分で保っていかなければいけない。春の空気を浴びながら私はそんなことを感じていた。
2月29日(水)

昨日の午後、国会図書館のあとに飯田橋にあります「もやい」というホームレス支援団体のボランティアのオリーエンテーションを受けに行きました。こちらに関しまして、まずNHKの特番で湯浅さんを見て、その後すぐに稲葉さんの講演会を聞きに行き、その後にボランティアセミナーを約20名位で受講し(ここまで約2週間位)、自分の海外旅行とかがあって直後のオリエンテーションはパスでしたが、次の回のオリエンテーションに参加出来ました。参加者は私一人1対1です。


活動紹介、関連団体の活動、ジェンダーの問題、保険加入、交通費の請求方法、ML加入の説明、個人情報保護の説明と質疑がありました。特に最後の項目は重要かつ繊細なポリシーを持ちます。


全てが終了したあと見学をしました。そこでは火曜日定例であります入居支援相談と生活相談が行われていました。「お茶の入れ方知りたいですか」と若いボランティアの男性が話しかけて教えていただいたり。また一人の女性は私に「どういうきっかけで来られたのですか」と聞いて下さり私は「そうですね、、、じつは孤独死ですとか、無縁社会とかに関心があります」と答えました。


いつでも誰に対しても門戸が開いている、といった感じのグループでした。「最低一回は来ます」と私が言うと「一回ではちょっと淋しいです」と笑って答えられたのは説明の女性でした。同時にその方は「ホームレスの方が、人に害を与えることは無い。襲われることはあっても。ボランティアに参加して、そのことをまず分って下さり、回りの人に伝えてくれればそれだけでもありがたいのです。でもその襲う少年たちの方が過酷な問題を抱えているんですよ」という話には同感します。きっと社会は私が想像するよりはるかに複雑なのでしょう。
1月25日(水)

一つ目は午前、特養老人ホームでの散歩ボランティア。3人の車椅子を押して殆ど同じ公園コースを回った。
二つ目は午後、認知症在宅家族「介護者の会」で当事者の話を聞いた。お一人にNYの土産をお渡し出来た。
三つ目は夜、路上生活者支援ボランティア説明会に出席した。これは眼からウロコであった。私は自己紹介でこう言った。「私はたぶんいま、こちらにいる方々の中で一番この問題への理解に薄いと思います」アディクションの問題やメンタルな問題を抱えた方々への対応に厳しいものがあるという話もあった。「傾聴」という言葉もここで聞かれた。複雑で深刻な世界であることに間違いないようだ。知り合った2人と一緒にJRに乗って帰った。

NPO法人 もやい
http://www.moyai.net/

実はもう一つ、今日は別のボランティアグループさんとのメールのやりとりがあり、支援のマッチングを再度お願いすることになった。このように役にたてることは大きくないし機会も多くない。
1月18日(水)

質疑応答は半時間ほどあった。30名程度の熱心な比較的若い参加者であった。いくつかの質問と回答の中で印象的であったことは「稲葉さんの目標とするところは何ですか? ホームレスをゼロに近づけることですか?」というものがありその回答の中にあった「私のしてきたこと」と題されたABCDEFと6つのプロセスがレジュメに図式化されていた。A:路上支援、B:路上脱出支援、C:路上脱出後支援、D:路上生活化予防、E:貧困化予防、F:貧困の可視化であった。そのうちのAが最も切実で途中に「路上死」が書き込まれている。連続性があり、そのどれもに重要性がある。Bでは「書類に字が書けない」「ひとりで電車に乗れない」などの苦手がある人も多い。児童養護施設で育った方も数多い。知的障害や精神疾患をわずらう方も中にはいる。


自治体での就労支援、経済動向との関係、起業との関連などもつぎつぎ語られた。
そして私の心に残ったのは「葬送」だった。福祉の扶助費用で良心的な葬儀を行う事業者があるという。そこに立ち会い事務をとりはかるボランティアは私に出来るかも知れないと感じた。その前に数年間の研修が必要だとも想像出来ます。


帰りの東京駅八重洲口の入り口に数個の段ボールがあるのが目についた。コンコースに入ると背の低いおカッパ頭の路上生活の服装をした男が荷も持たずに歩いていた。私はすれ違った。考えることを少し始めている、と感じた。

NPO法人 もやいHP
http://www.moyai.net/
(おわり)
1月18日(水)

アルコール依存の方はホームレスに多い。そこで紹介された話は治療、施設入所、その間からAAにつながり回復されたある方のストーリーだった。12ステップにも触れられた。その病気の困難さについても。緩慢な自殺という意味では路上生活自体もそうである。それを手助けする(つまり救急車搬送→入院治療→飲める身体にさせる)自分はイネイブリングではないかと自問自答された時期もあったそうだ。現在はこう考えていらっしゃるそうだ。「私はあなたが死ぬのを見るのがイヤだ」というメッセージを伝える。


出来ることは「そばにいて待つ」だけ。
「明日の朝はオレは冷たくなってるよ」という口癖のオッチャンが「あんなも長いね」「オレがもし冷たくなっててもあんたのせいじゃないからな」と言ってくれた。いつかは根負けするときがある。


これは12ステップのステップ1「自分はホームレスに対して無力である」にあたるのではないか。飲酒に対してと同じくコントロール願望をつねに捨てることだと稲葉さんは繰り返した。TV番組のように見返りやドラマを求めてしまわないことなのだという。
(つづく)
1月19日(水)

ことの発端はNHK特集番組で2011年11月に起きた新宿区アパート火災の問題で稲葉さんが出演されていたのにインパクトを受けたからだ。講演では御自身の出自やもやいの活動紹介から、福島在住のイギリス人アーティストジェフ・リード氏のつくった絵本をスライドで紹介しつつ「日本のホームレス問題」へ聴き手を導入した。
http://strongchildrenjapan.blogspot.com/ ←ジェフさんのHP

つぎに彼自身の支援の経験談があった。クリスチャン・ボルダンスキーの言葉の引用「人間は2度死ぬ」とう下りで、肉体的な死を1度目とすると2度目とは、一般的にはその人を知っている人々がこの世からいなくなる状態であり、無名のホームレスの場合はご遺体に「新宿167号」という識別名がつけられた時点がそうである、という。その場合1度目の死と2度目の死が逆になってしまっている。これらの話は逆にとらえると人間は2度生きる。

その後でアルコール依存の話も解説された。
(つづく)