人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2019年9月17日(火)

昨日行った自然保護区の別の区画に行ってみようとマップを見ると一番近い隣村が同じ方向にあり、ビール醸造所まであった。となれば行くしかない。11時のレストラン開店に合わせて1時間半歩いた。途中で私自身のトイレの緊急事態があったが、何とか切り抜けた。

そこは地元の客で賑わっていた。お腹がお腹なので肉料理はパスし、芋とキャベツを出来立てビールで頂いた。戻るとタトウ彼女がデポジットの150ユーロを返してくれた。お腹を虐めない食事を考えつかない。たっぷり買い込んだからね。

2019年9月16日(月)

ここに3泊にしてよかった。地図上に蛇行した細い川があるので3回目(最後の)のドギーバックの中にまだあった残り物カレーソーセージの朝食後そこに行ってみた。辺りは自然保護区に指定されていてハイキング道もついている。2時間ほどで戻り、スナックを食べてのんびりしたあと宿の世話係嬢の帰宅を待った。私にクルマが無く食糧もゼロだと知ってスーパーマーケットまで送ってくれる段取りだった。しかし約束の「2時から3時」を待っても姿が無い。うんと遅れて戻った体格のいい入れ墨レディの職業を知ってなるほどと思った。大型トラックのドライバーで毎日600キロ走る。仕事の関係で遅れたんだ。それに「酒は?」と聞くと「私は仕事がドライバーだから飲まない」プロだ。私が買物をしている間、車内で犬を見ていてくれた。3日分の肉やデリや酒を抱えて戻ると彼女は笑って犬を高い高いし、犬は私に向かって四肢を思い切りばたつかせた。いい人だ。

帰ると犬の夕食時間だった。そのあと、まずは冷えた白ワインを開けた。客用にもてなされたボトル。客用だとわざわざ先ほど確かめたのだ。味付け肉をIHで焼き3種類のサラダを盛り合わせ自分の夕食を始めた。広い部屋部屋の離れた場所、重ねられたファブリックの上で犬はおとなしくしている。いい子だ。スーパーで買った中瓶ビールも開けた。デザートのベリーと客用のチョコケーキをコーヒーで食べた。TVをつけっぱなしで途中でうただねした。ビールは飲み切れずシンクに流した。2泊目の夜中が来た。

2019年9月15日(日)

昨夜は信じられない事件があった。生命の危険とは無縁だが身の毛のよだつ出来事、夜中のトイレにそして自分の部屋にも黒い小型のネズミが出たのだ。トイレでは明かりの中で走り去り、部屋では鳴き声や物音まで立て、さらに大胆に飛び跳ねて窓枠の隅から去って行った。日本でゴキブリが出るように欧州ではネズミが現実的らしいが動物好きの私でもダメだ。さらに窓のすぐ下は酔いどれ馬鹿騒ぎが朝まで続き一睡も出来なかった。今日の列車やバスの予定も頼りないまま近くの高級ホテルの朝食ビュッフェ17€を堪能し(そこでは客の一人に「何て行儀のいい躾の行き届いたワンちゃんですね」と褒められた、おっと!)そそくさとチェックアウトした。

昨日のDB(ドイツ国鉄)オッサンのお陰で切符も上手く買え列車も間違わずバスも。このフォルヒハイム駅の売店のオッサンも負けず劣らずいいオッサンだった。スーツケースを快く預かってくれ帰りには「時々ここに来る犬にあげてるんだよ」とドッグフードの残りもくれた。そしてもう一人素晴らしいオッサンというかジイさんだけどハレルンドルフまで歩く覚悟で乗ったバスのドライバーは何と運行予定を無視して宿までバスを走らせてくれた。ドイツのベニスと言われるフォルヒハイムもいい感じだったが今日から3泊する宿の周りは今までで一番素晴らしい。小さな村なのだが古民家をリノベーションした大きな別荘風な屋敷ばかりがゆったりと続く。そして私のチェックインした「家」も広々なんでもあれの超高級別荘貸切だった。犬も何気に金持ち犬を装っているって気のせいか。犬宿泊代が3日で90€(1万円越え)だからな。地獄へんの後は天国行きというオチで。

2019年9月14日(土)

確実に言えることはホテルが日一日とボロくなって来ている。今日チェックインしたニュルンベルクのコンチネンタルはWiFi有料の窓下にはおびただしい酔っ払い観光客が騒がしい。でも駅から5分とは嬉しい。明日の宿なんて同じニュルンベルクでもこの駅から50キロちかく離れていて、しかも明日は日曜なのでバスが途中までしか行かず42分も歩くらしい。今日切符を買おうしたら時間切れで明朝券売機で買うしかなく、DBのインフォメーション親父には5回も並び直して世話になった。

ということで今日は普通列車で犬は久々バッグに入れて乗り、観光地をぶらついて泊まる。何という自分らしくない過ごし方。犬もお疲れなんで、ビールでも飲み直そうという気は、残念ながら捨てた。この旅の目標は犬への愛の実現なのです。

2019年9月13日(金)

この日が出国前10日に当たり「輸出国政府発行の証明書」を取ってよい日の始まりだった。この日のために、日本から数ある現地獣医のいくつかにメールしては返事を待つことを繰り返した。とにかく朝日の昇る東に向かって歩いた。やはり10時の予約時間まで待ち、検査を終えて日本の検疫にメールを送り、しばらくして快諾を得て、次の政府機関に急いだ。それらが終わり、南墓地でお祝いのぬるいビールを飲み、さらに30分歩き「寿司と肉」レストランで物凄く塩っぱい冷やしラーメンを食べた。宿で昼寝をした後、果物とジュースを買いにスーパーに行くとき、私は調子にのってノーリードで犬を歩かせていた。それはおお間違いだった。反対かわの歩道を歩いていたワンちゃんめがけて犬が車道を横切ったのだ。私は一瞬、犬を見失い急ブレーキをかけてくれたクルマの下にもいない。いた。

これが私の今日の深い反省だ。しかも神を信じない私が神に感謝していた。ありがとうGod!

2019年9月12日(木)

3日目、次のホテルに移動する以外にいくつかはした。中央駅で2日後に行き、その4日後に帰る列車の切符を買った。駅構内にあるコンビニを探し飲み物とパンを買った。旧植物園に行き、たまたま通りがかった業務スーパー袋を持った車椅子と付き添い姉妹に私が「日本人ですか?」と声をかけてお喋りした。だってドイツで業務ですよ!!! とても感じのいい人たちだった。つぎにペットショップに行き犬のフードと雑貨を買った。いったんチェックアウトしたホテルに戻り、荷物を受け取り、徒歩20分の次のホテルに向かった。そのルートではスマホのナビが上手く読めず、2倍の時間がかかった。

厳密に言うとそこはホテルでは無くペンションで、要領を理解するのはあまり容易でなかった(要するに色々うるさい。しかも私の犬は従業員のフレンチブルに喧嘩を売った)。ともあれ立地は今まででより良く、感じのいい地域だとわかった。1時間ほど横になったあと近くの大きな公園まで散歩に行った。すり鉢状の芝生が美しい場所で若い人たちが日光浴し、赤ん坊連れや犬の散歩も多く、私の犬もはしゃいであそんだ。

帰りに小さいスーパーマーケットに寄って見切り品のニシンの燻製とサラミソーセージ、生野菜と箱ワインを買い、ホテルの(もとい、ペンションの、うちはホテルではありませんから、とのたまわれた)ベランダで食べた。ここは3階で裏庭でガキどもが元気に遊んでいる。午後6時、箱ワインでだいたい出来上がった。

2019年9月11日(水)

ラマは中級エアポートホテルで規模が小さい。街はずれにあり、それはそれで悪くない。朝焼けの中を散歩をするとプロパティにヘラジカを飼っている家があった。馬を散歩している二人もいた。そのうちの一頭はポニーだった。昨日、朝食のダイニングに犬を連れていいと確認して11ユーロを払ったのだが、フロアの人が
代わって彼女はまったくいい顔をしなかった。11時半のシャトルで空港に戻り、ルフトハンザバスに乗り換えて中央駅に着いた。次のホテルは駅に近い移民区域だった。荷物を置いたあと、今日の仕事、明後日行く獣医と動物検疫の場所の下見に出発した。(朝を食べ過ぎて昼はスキップした)すべて徒歩。今までなんでシムカードを買わなかったか不思議に思うほど、スマホのマップが役に立った。2軒とも迷わずチェックが終わり、午後4時半にホテルに戻った。まったくこの付近にはろくな店が無い。仕方なくケバブレストランで持ち帰りを作ってもらい、ホテルフロントのビールとファンタを買って部屋で食べた。犬の最後のウンチが柔らかかったので少し心配だ。そろそろドッグフードを買いたいな。

2019年9月10日(水)

きのう床屋できれいになった犬を連れて家を出た。京急を降りて国際線ターミナルに着くとまだ朝の8時で検疫に予約した9時まで小一時間あった。両替などで時間を潰して8時半にCQIビルに着くと、女性の獣医師に早めに犬の輸出検査をしてもらえた。早すぎてまだ開いていないルフトハンザカウンターに並んだ。満席らしい。タクシー乗り場のはずれの草地で最後のオシッコをさせていると私の落とした財布を係員が拾ってくれた。犬のケースをカートに乗せてゲートを往復した。カード会社のラウンジでは犬連れNGと言われたので、スナックとジュースを土産店で買った。今回ペットインキャビン客として優先搭乗出来た。そのあと犬は11時間のフライト中、本当に大人しかった。

ルフトのキャリーケース規定がSASよりゆるかったので大き目のを持参したため、犬自身は楽だったのだろうが、床から膝への移動がキツかった。窓側しか取れなかったのも不運で、私は水分摂取を控えてトイレ回数をなか2回にとどめた。機内食は残念で、映画は1本を除いてつまらなかったし、隣近所の乗客も同様だった。

ミュンヘン到着後、パスポートコントロールが激混みで一人の日本人女性とお喋りした。この方は感じがよく犬の排尿を気にして下さった。荷物を取り、検疫に行くと「素晴らしい。完璧だ」と言って書類が返された。さあオシッコだよ。ところが外に出しても10分間ほど柱柱をクンクンするだけで排泄しない。我慢し過ぎでビョーキになったの、と思ったころ、やっと黄色い大量尿をやってくれた。スッキリしたと思う。私も。

空港内のスーパーマーケットで夕食を買おうと入口のポールに犬をつないでスーツケースもそこに置き、買物をしていると空港警察風の男が大声で何か言っている。ドイツ語だったが犬のことだとわかり自分だと申し出た。どうやら犬が店内に入れるリードの長さだったのと荷物は自分で持って歩かないとダメらしい。犬を遠くにつなぎ直し荷物も持って買物を終えた。ラマダホテル行きのシャトルが来てチェックインした。1階でまあまあの広さ。犬をはしゃがせた。部屋からテラス越しに庭に出すとウンコもした。ビールは2本とも間違ってアルコールフリーだったが身体にはよいのだろう。白ワイン小瓶も買ってよかった。犬にも夜食をあげて散らかしたまま寝た。脚がだるいぜ。




2019年9月9日(月)

昨夜は台風が関東に上陸し東京にも強風があった。前の家のアパート用の門扉が壊れて道路に倒れていた。チャリで町を走ると街路樹の葉が車道を覆っていた。残念な宣告が歯科医院であった。抜歯の話。いつも落ち込んでしまう。意外にもインプラントという選択肢も無くはないらしい。だがすべての道のりは平坦ではない。

昼に犬をトリミングに連れて行き、帰りにコンビニで昼を買った。福山通運が来たあとに犬のお迎えに行った。調剤薬局で抗生物質をもらった。ポストには1ヶ月前にスウェーデンに送ったはずの郵便が戻って来ていた。今度はEMSで試すことにした。夜、SIMカードの差し替えを練習した。抗生物質を飲んで寝た。



2019年9月8日(日)

といっても、今日はスーツケースを自分の部屋からわずか5メートル先の玄関に運んだだけ。

本当はバラ会の作業のある日なのだがサボった理由がわからない。たぶん「旅行直前だから」だったのかな。

午前中は家中の掃除を丁寧にした。午後5時に予約してあった美容院を、台風が来るからと、昼に変更したら行きに土砂降りだった。けれど途中からかんかん照りで帰りもそうだったので読み違い。そのかわり東急ストアで北海道駅弁フェアをやっていてので2種類買った。家で最後のエアレース、室屋の優勝をTVで見た。駅弁は激ウマだった。秋場所初日で日本酒ちびちび、クールジャパンを見ながらうただねした。

マジこんなでいいのかな。なにか忘れ物してる感じだ。