人気ブログランキング |

<   2017年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2017年3月30日(木)

今日は犬が左脚のケガをしてから1週間目の受診日だった。さあ犬をバッグに入れ、出かけようとすると私の自転車がパンクしていた。息子に小金を与えてすべてお願いした。報告によると「さらにもう1週間固定の処置が必要(バンデッジは少し小さくなった)」「来週の木曜に再受診」「運動と入浴は禁止」だった。そのあとレシートに健康保険請求用のメモ書きがなかったのでもう一度病院に行ってもらった。近所の散歩があまりできない、風呂に入れないので臭いくらいで非常に元気だ。しつけを行うのにはちょうどいい期間かもしれない。

天気がいいのでベッドパットを洗濯し、マットレスをレイコップした。床をルンバと水拭き掃除をした。

数年ぶりにひとりの知人から電話メッセージが届いた。いろいろなご縁はこれからも大切にしていたい。

2017年3月29日(水)

ぷれいす東京のバディボランティアを行なった。それは最寄り駅から地下鉄で少し行ったところの私にとって初めての病院で、内容はクライアント様のご退院の付き添いだった。受付で患者名と自分の名、連絡先、所属を記入して、2枚100円のマスクを購入し着用した。移送は介護タクシーで私はたんに身の回りの荷物を運び、ご自宅でそれを片付け、コンビニにおつかいに行っただけで2時間で終了した。午後2時半に自宅に戻った時、向かいの奥さんが16歳のわんこを犬用カートで散歩していらしたので、新しく子犬を飼い始めたという話をした。少ししてから犬に消炎剤を犬用ミルクで飲ませた。気がつくとソファで犬とうとうとしていたが、とりあえず早めに今日の報告書は仕上げた。



2017年3月28日(火)

をしながら今日は服の整理をした。

f0204425_23004680.jpg

2017年3月27日(月)

イオンカード会社に電話した。ポイントにかんして審査待ちだとわかった。居間の設計と取説かんけいのファイルを整理した。犬はあいかわらず三本足でケンケン歩行してる。後ろ足が、そのかわり鍛えられている感じがする。おイタは相変わらず。

2017年3月26日(日)

と言っても、普段との違いは、包帯が咬みほづれないようにするとか、一日一回の薬を飲ませせること、また二度とソファーから飛び降りないようにみはるとか、激しくない種類の遊びを与えて満足させる程度だ。私自身は下駄箱の整理、水周りの掃除、ビール配達の注文などをおこなった。「親バカ日誌」おしっこは朝起きたとき、水を飲んだあと、など頃合いを見計らってケージに入れるとスッと行う。うんこは寝覚めのうんこ、食後のうんこなど一日2回。どちらもケージの中のトイレで行う。想像以上にお利口だ。いっぽう私は一日中眠い。春だし。

2017年3月25日(土)

犬が低いソファから落ち、天を引き裂くような悲鳴をあげ続けた。それは午前10時50分頃で、息子が買い物から帰り、食品をザックから出し始め、入れ違いに私がトイレの便座に座った時だった。急いで11時過ぎにかかりつけ医に到着した。昨日ワクチン接種で通院したばかりの連続だ。レントゲンの結果、骨折はなかった。ただ子犬の出来上がりつつ骨の未発達の部分に損傷があるようで、外側固定という処置をしてもらい、非ステロイド系の消炎剤を処方された。青いバンデージが左肢にぐるぐる巻きになっている。びっこをひいている。ちょっと目を離したスキ、飼い主の不注意だった。安静加療5日間ののち、30日木曜日に再通院する。そのときよくなっていれは御の字だ。色々なことがおこる。それらがすべて犬を飼うということだ。平坦ではないが私にとってこれ以上のことはない。



2017年3月24日(金)

午前中にスーツケーススーツケースが届き土産を開けた。そのあと動物病院に子犬を連れて行き3回目のワクチン接種をしてもらった。明日から外散歩をゆっくり始める。小旅行を含め直近の予定をたてた。今日も国会は森友問題にゆれていた。

2017323日(水)


昨日、浦東空港に着いたのは午後4時台だったが、私はすでにいくつかの面倒をかかえていた。ひとつは浦東空港から虹橋空港までの移動で、時間はたっぷりあるものの、荷物が多い。が、それは掌に豆が出来そうになっただけで問題なかった。航空会社サービスのリニアモーターカーも楽しめた。ふたつめはけっきょく単なる思い違いだったが、もしかして日本円数万円と中国元の小銭を無くしたかもしれないという危惧で、これもザックのなかから見つかり問題なかった。みっつめは、丸ひと晩を虹橋空港のどこで明かすかという問題だった。空港2階は午後10時で閉まるらしい。いろいろ聞きまわった結果の1階の椅子で寝る方法で解決した。2階にローソンがあって麒麟とアサヒの缶ビールをそれぞれ7元で買い、コンビニ食の鶏粥をバックヤードでチンしてもらった。さらに10時までやっている2階の店で19元のワンタン麺を食べ、就寝に突入した。仮眠用に持参したオレンジ色のレスキューシートが封筒状だと初めて知った。空港で夜を明かすのは二度目だったが今回はシートのおかげでかなり熟睡出来た。エア側に入り、ひとつだけあるラウンジで中華の朝ご飯を食べたあと羽田便で飛んだ。


機内でいろいろかんがえた。自分の人生について、とりとめもなく、そんなことをしていると羽田に到着したとき、機内にハットを忘れたことに気づいた。受付に連絡すると大変親切だった。家にもどるとき両膝はカナヅチで時々打たれるかのように悪かった。幼い犬が過剰に喜んでくれた。洗濯と風呂と食事を終えて寝た。


2017321日(火)22日(水)


帰国フライトは午後9時発だったので、かなりの余裕の1日だった。肌寒い朝、宿から数分のマックでブラックコーヒーと砂糖をまぶしたドーナツを1個だけ頼み窓際で食べた。宿にもどり熱いシャワーをして重たい木箱のなかの小物荷物をスーツケースとザックにわけ入れた。11時にチェックアウトして荷物置き場にそれらを預け、マックの隣りのチャリティ店に系列他店舗の情報を聞きに行った。少しだらしない感じの非常に背の高い髪の黒い東洋風の若い男が客でいて、しばらくのあいだ私たちは店情報を英語で話していたが突然「日本人ですか?」と言語を替えた。出自を聞くと「あのぼく複雑なんです」と説明してくれた。自分は「ハーフです」と2度ことわりをした。もっとお喋りもしたかったが相手はそうでもなさそうでさっさと歩いて行ってしまった。そこで買った中国製のスカーフを首に巻くといくぶん寒さを防げた。レセプションで南米の女の子に道を聞いた何とかという隣り町までは迷いながらも半時間ほどで着いた。空腹を感じた。感じのいいパブを見つけ昼を食べたあとに、同じ赤色の店構えを見つけた。日用品と雑貨を買ったあと向かいの黄色のチャリティ店で服を2枚買った。赤色の方は母子健康、黄色は不要古着の経済的保護を理念にしていた。広い店内に莫大な量の服が1ポンド均一で陳列されおおくの低所得者の女客が群がっていた。客たちはいったん手にとって「いらないわ」と思った品も床に散乱させていたが誰もとがめない。長いレジの行列には友好的な活気があった。


重い荷物と私は宿に戻り、狭い廊下で詰め替えをした。午後4時に空港に向かった。駅の自動改札機にはベストを着用した、たいていは背の高い黒人職員がいて、今回私は苦手の下りエスカレーターで介助を頼んだ。乗換え駅でもこんな出来事があった。短い数段の上り階段で杖をついた私がスーツケースを引きずっていると「私が運ぶわ」と言ってフルメイクの目の覚めるような若い女がサッと現れて手伝ってくれた。礼をいうとウインクまでくれた。次に私が「空港行きでない」車両に誤って乗ってしまったときのことだった。発車直前にあわてて降りようとしたとき、私のスーツケースが半分車内に残りドアがそれを挟みつつあった。ここでもまるで俳優のような容姿端麗な若いパワー男が現れ、両腕でドアを拡げて救出してくれた。数秒後、魅力的な笑顔とゼスチャーが走り去る姿が車内にあった。なんて国だ。この親切さは40年前に訪れたときにも感じていた。引き継がれている。


航空会社のチェックインが終わり二つの荷が手元をはなれた。手荷物検査や出国手続きはどこの国よりもスムーズで工夫されていた。ラウンジを見つけた。シャワーも使った。ゆとりがあったので料理を食べてくつろいだ。土産を少し買い9番ゲートから搭乗した。帰りの飛行は比較的短く感じた。



2017年3月20日(月)

私は朝、メールでGW初日の出国ラッシュにぶつかるよと、友人の訪日計画にケチをつけた。そのひと仕事が済んだあと、ホテルでの朝食をパスしてテムズ川沿いの散策に出かけた。バスでトラファルガー広場に行き、カフェでクロワッサンとコーヒーを頼んだ。騎馬兵をふくんだ近衛兵がちょうど出てきたバッキンガムから、橋をわたり、南側をずっと歩き、タワーブリッジから北側を歩いた。霧雨が降ったり止んだりして風も冷たく、もう一枚のジャケットを着てこなかったのを悔やんだ。どこかの途中の店でサラダパスタの昼をたべ、最後のほうで感じのいいパブでトールのビールを頼み、トラファルガーから国鉄駅に出て、駅のしょぼいパブでも小さいビールとスナックを食べた。最後の13番バスではさすがに眠くなりスイスコテージを乗り越していた。歩いて帰る途中で2軒のチャリティショップを見つけて、2軒目で服を2着買った。とても寒かったので試着室から着たまま出てレジをしてもらった。値引きのラザニアを買い、宿でチンしてオッさんと食べた。ボクシングのコーチもしてたというえいこくじんで稽古をつけてもらっていた若い男の子がハアハアしていた。友人はやはり日本に来れないとメッセージがあった。来ないほうが楽だなあとは思っていたけど実際その文面を読むと何もする気がしなくなった。

by necojill | 2017-03-21 07:02 |