人気ブログランキング |

<   2014年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧

2014年8月31日(日)

今日で最後の最期のサイゴ。またスーパー半額の鶏ご飯と生野菜をお腹に入れて、ビクトリーモニュメントまでぶらぶら歩きをしました。
f0204425_14422264.jpg
途中の喫茶店で2度目のFacebook写真7枚アップを行い、正午のチェックアウトのために宿に戻ったところです。道路に面した森閑としたロビーで圧倒的な車音、冷蔵庫音、踏切音、私のたてる何かなどが主なサウンズスケイプです。
f0204425_1441963.jpg

2014年8月30日(土)

見切り品の天津丼をお腹にいれて、シアムという繁華街に行ってみた。ここのプリンセスホテルにいい感じのプールがあり、650Bしましたが一日浸りました。オマケにスタジオのヨガと太極拳に出て完全に元が取れた気持ちです。今日はたったこの一つしかしていません。
f0204425_14404038.jpg

2014年8月29日(金)

今日待っていたメールが2つとも届いた。一つは7年振りが10年振りに延期になったかな、みたいな。もうスワムプラームから香港へ数日間の出張で飛んでいらっしゃるというメール。もう一つはいつもの、まだ私を覚えていてくれたんだ、という感じのもの。一昨日もらった職場の学校の「運動会で忙しいので会えない」メールも加えて、待っていた3つがそろった。今日は旅行中初めてのマッサージもお休みの日でした。さすがに飽きて来ましたしね。代わりに服などを少し買ってしまいました。今日はそんな事でぐっすり眠れそうです。
f0204425_14432939.jpg

2014年8月29日(金)

扇風機車の室温は快適で夜半に開け放った窓から泥を含んだ雨がシーツに茶色の模様を描いていた。鶏粥を座席で注文すると割り増し料金になっていたが、私たちが切望していた組立式テーブルがついに手に入った。終点に近づくにつれて車窓からスラムが目立ち、BKKが初めてのヒチュは感慨深気だった。「違っていることが面白いの」と言った。私もかつてはその通りだった。今は、、、違っている事の本質をまだ私は理解していない、ということを知っている点が変わった点かも知れない。以前のホステルに着くと客とも従業員とも分からないいつもに若い女性たちが固まってクチャクチャと昼を食べている。今日か明日に7年振りに会おうとしていたBKK在住の知人さんとも香港ご出張の変更絡みでほぼダメになった感じだ。こうなったら自分一人で人生を歩こう! 
f0204425_166634.jpg

2014年8月28日(木)

昼までゆっくり過ごした後にまた例のサウナに行った。帰路、ホテルで借りたバスタオルはいくら絞った後でもかなりの重たさだった。赤バスを乗り継いで駅に着き、焼き飯を食べた隣りで全身マッサージを頼んだ。午後5時にセブンイレブンの店員に冷蔵庫の鍵を開けさせてビールを買い(酒の販売時間は限られている)、扇風機車の7号車に乗った。ヒチュという名の38歳のオランダ人院生がベッドの上段で彼女はよく喋り明るい性格だった。ヒッチハイクや寺の無料宿泊や山岳バイクをこなすツワモノです。哲学専攻の彼女の研究テーマは『売春婦と(客と)の親密(intimacy among prostitute)』で、私はそのテーマに至った動機やこれからの希望職種などを質問した(前者は聞いてもよく分からなかった。論文も英語表記でないので送ってもらわないでしょう)。自分の家族や友人関係をよく話した。まあここでも私は聞き役だったのは英語力の差の問題ではなく、話好きなのだ。彼女は夕食用に白飯だけを頼んで半分を朝用に残していた。f0204425_14455781.jpg
2014年8月28日(木)

こんな風に考えた。今、現実にいない人、つまり死んでいった人でも深く心の中にいる。むしろその結びつきのつよさは、たとえば現実世界に存在する相手から今自分がメールを待っているような関係性よりはるかに失い難い。人は一度に一つ事しか考えられないとしたら、今いない人たちとの霊的なつながりに没頭したらいいんじゃない? 彼女が彼が言っていた言葉を思い出す。一つひとつ慎重に。それは過去の想い出に耽るということよりむしろ、自分が一体どこから来てどこに行こうとしているのかを語ることに似ている。


もし、このリゾートに母がいっしょに来てくれていたとしたら? もし彼女の末期ガンの身体的な問題が小さかったら、肺がん治療薬イレッサの副作用が足の指の腫れをそんなに及ぼしていなかったとしたら、もし彼女の食欲の減退がそんなに顕著でなかったら、たぶんこの旅館の古い木製の造りを少しは楽しむだろう。彼女の座った小さな背中が私にだけの聞き取れる話し方で言う。「あんた行ってくれば。私はホテルにいるわよ」


「僕は一度もアンダマン海で泳がない」「自分の目的はそれとは違う」と彼は私に書いていた。そういう意味では、私はリオとは別の種類の人間かも知れない。時間を無為に潰している。人々が置かれている社会的な問題を楽観している。それを人ごとと考えないのが彼だった。常に彼自身と同居している苦しさとか生きづらさとか、逆に貧困ゆえの幸運や享楽を、まるでもう一人の自分自身と向き合うように人々のなかに見抜いていたのだ。「僕はリゾートはしない」そう断言した。


彼らは私を今でも覚えているだろう。


このホテルの飼い犬は生後2ヶ月だった。私が忘れ物について聞きにレセプションに行くと「この子はオシッコしたいから、どうぞその辺散歩させて」と女のオーナーが言った。すぐにしゃがんで用を済ませると庭の隅で植栽を次にサンダルを噛み始めた。叱ると家の中に戻ってしまい散歩にならなかった。彼女は常に多忙に見えたので私は自分の用事を棚上げにして部屋に戻った。無くし物とはナイキの薄手ショルダーだったが、バンダナに続いてこの旅行で2つ目だった。私の最も大事な装身具、亡くした犬の首輪、それから父の写真の入ったロザリオ、今の友人からプレゼントされた木の実のペンダント、リオのくれたブレスレットに似たブレスレット(本物は裂けて家にある)、腕時計に似た腕時計(本物は失くした)に比べたら大した遺失物ではない、と考えようと思う。特に首輪は。それはシャワーで濡れた場合など簡単には乾かない知っていても今後脱着することをやめよう。


そうすれば私のオシッコは私の犬のオシッコ。
2014年8月27日(水)

激しいカエルの「ヤリタイ」合戦の中で投稿しています。リゾートに戻り、私の部屋はwifiがものすごく弱い。そこで屋外に蚊取り線香持参でタイピングする羽目に。今日のキモは100Bのスチームサウナでした。わお女子が大勢群れになって出たり入ったりしている。そのあとのタイボディマッサージは痛過ぎて困りました。私やっぱり足だけがいいかなとか。次に日本料理も頂き、帰りにはピッキーニ一個のソムタムもお持ち帰りにして今半分食べました。明日はもうBKK行き列車の人です。とうとうチェンマイ在住の友達の友達さんには会えないようです。そういえばここのワンコにも今日会ってない。
2014年8月26日(火)

しまった、コルステロール値のことすっかり忘れて雲南料理店でピータン注文してしまった。たっぷり残してからまだ夜も浅いので狭いバーに寄ってみた。欧米ジイさん二人が現地妻をはべらせて寛いでるのに同席させてもらった。一人はトミー・リー・ジョーンズそっくりの豪国人だったが彼はトミーを知らなかった。「彼はいい人よ」と言う恋女房は「今はBKKとチェンマイで離れ離れ、すごくさみしいの。でももうすぐ一緒に住めるの」と男の肩を撫でた。何年交際してるの? 2年よ。どこで知り合ったの? この店よ。ふうん。もう一人はアフリカンのハーフの甥と一緒のUKの一元客で、4人の妻がいる、とのたまった。(ここでは)彼女が妻さ。あはは、と一番明るい性格の女が取り合わないフリをした。このやり取りは3回は聞かされたから、そのうち墜ちるんだろうな。痩せ気味で髭とカーボーイハット。どっちのジイさんも65歳くらい。ビールのお代わりが続き、どう見ても整形したような美形のママが踊るような仕草で運び、女たちが注ぎ足す。こうやって経済の微小な歯車の一つが回転する。そしてたぶん愛。

それでもまだ時間が浅かったので、フィッシュスパというのを体験し、別の店でコーヒーを飲んでから宿に戻った。メールを待っていたが来ない。夜半に夕立があってこの街の熱気を幾分下げた。f0204425_16493321.jpg
2014年8月26日(火)

当初の目的通り、私のタイマッサージツアーは続行中です。大体当たりです。そもそも値段が1時間400円から600円、日本の10分の1以下ですからマッサージ好きにはたまりません。

1. BKKの宿推奨の店(200B/1h) 病院職員ぽい服の男性、よかったまた行きたい、チップはずみすぎたな
2. BKKの中華街の以前から気になっていた店(150B/1h) 若い女性、駅から遠いけどまた行きたい最高
3. BKKの宿推奨の町の店(200B/1h) あらら宿の人が言ってたのは違う店かも、失敗
4. チェンマイの宿推奨の研修センターの先生(200B/1h) カンフー服の若い男の先生、強過ぎたんですがさすが先生だ
5. チェンマイの日曜マーケットの路上の店(80B/30分)オバさん、まあこんなもんかな
6. チェンマイの小洒落た大型店(200B/1h) 若い女性、強すぎず弱すぎずよかった
7. チェンマイの寺の中にある店(130B/1h) オバさんよかった(写真)
f0204425_19162977.jpg


今午後5時で屋上ハンモックも飽きたので昨日の店に焼飯でも食べに行きます。ずーっと一人ご飯です。
2014年8月25日(月)

リゾートをチェックアウトしてから日曜に閉まっていた菜食主義センターに再び行ってみました。「どなた様からの寄付で運営されてます」と説明されました。無料のハーブ入りソバと大豆の茶を頂き昼食に充てました。その後、バックパックを背負いチェンマイ門経由で下見していた安宿に行きました。4階建てでシンプル1泊350円ですよ。5人用のドミには中国レディがお一人おられるだけのようです。夕食には美味しい雲南米粉を頂きました。
f0204425_134898.jpg