人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧

2013年11月29日(金)

f0204425_1649295.jpg
ぷれいす東京(HIV陽性者支援活動グループ)のオトナの女性部門(大人の女性を対象とした予防啓発プログラム)主催、ラブピースクラブ(女のためのトイショップ)社会科見学会に昨夜参加した(ああ、、、、長い書き出しだ、、)。主催者3名参加者4名の顔ぶれで、最初は店員さんをまじえ新商品、いちおし商品などのご紹介と各自自由な買い物で1時間。後半1時間は座って(狭いんで2人はしゃがんで1人は立ったままだった)お喋り。どうして今回のツアーを知ったか? いままでトイを買ったり使ったりした経験は? この店の印象は? つぎにスタッフさんに同じ質問振ると喋る喋る。私は司会でもないのに店員さんにも振ってみた。ここでは個人情報制限のグランドルールがあるからみんな正直で真面目で楽しかったよ。以上でした。

なに買物したか、ですが。
Merry Christmas & Happy New Year Sale のサラブレッド・コース(3点で7,800yen)とポニー・コース(3点で3,800yen)、ランジェリーセール(10点で4,800yen)。さすがペガサス・コース(3点で14,800yen)には手が届かなかったよ。あと秘密のもう1点(2.730yen)かな。税別で。そしてなんと私はジャンケン大会で勝利して、さらにもう1点「なんか」をもらってしまったんですよ。「彼氏いらないね」という声もあった。それほど優れたトイたち。でも値段のほうも立派。ぜんぶ輸入品でしかもブランド品です。
一人と遅いご晩飯食べて帰るとミッドナイトになってた。
2013年11月29日(金)

今日、米$建て資産のうち、Starbucks株、Aetna株の利確を行い、あらたにAmazon株、AMEX株を購入した。TMA株は工場見学をしたこともあってもうしばらく。また有能な店長さんのお陰様で、最後の店子さんの定期借家契約も近日中に成就できそうです。そしてAgodaのCustomerSupportの方は私の最初の失敗(ホテル予約のキャンセレーション)を例外的に手数料無料で処理してくれた! (私ごねてない)
2013年11月28日(木)

昨日の引越作業は当初から「私の能力を超えている」という感想を持ってしまったので、合理的な作業効率を考慮出来なかった(たんに急いで片っぱしから箱詰めした)。その結果ともいえる状況下で、深夜に依頼人さんがケイタイのアダプターを探されていると知ったので(メールを読み)、私は今朝再びそこに行った。家から30分程の距離。


つぎにその足で中原街道を五反田まで走り、別の二つの用事を終えた。10時半に予約をしていた投資相談と眼鏡の受取だった。昼過ぎに家に戻り、PCを開いて来月の旅行の航空券を買う作業をした。午後1時半にやっとそれが終わった。


最初の用事で目的地に向かう時、私は不思議な感覚を覚えた。
それは3年まえに末期アルコール依存症の友人さんの家に「同じく朝の時間帯に」「同じく会った翌日に」「同じくチャリで」「同じくアポ無しで」「同じく連絡が取れない状況で」向かった時の気持ちのありようだった。ブザーを鳴らすと彼女が前髪にカーラーを1つだけ巻いて出て来た。私たちはほぼ公道に面したアパート用の1階入り口にしゃがんで短いお喋りをした。しばらくしてから私はヘルメットのあごの留め具を指しながら立ち上がった。彼女は何度も私に向かって「どうもねジルさん」と言った。私もその度に、まだしゃがんでいる彼女の姿を視野に入れながら「じゃあね」と答えた。数秒後に私のチャリが動きだしたてしまったので、彼女の4回目の声はもう姿とセットになっていなかった。
2013年11月27日(水)

港区長への意見要望書を郵送しました


一利用者よりの意見

私はNPOヒューマンサービスセンターが運営する港区コミュニティーカフェの相談業務にかれこれ5年お世話になっております。こちらのカウンセリングが私の人生にどのような利益をもたらしたかを言葉で説明するのは、とても難しい。それほど有意義で適切な時間を提供していただいたのです。


ある時私は恋人を、ある時は母親を伴ってその雰囲気のいい、話しやすい空間の扉を開けました。話が終わったあと、多少の緊張感を伴ったようで、彼らは疲れているようでしたが、それは彼らにとって無意味な経験ではなかった、と思います。あらゆる人々は大なり小なり問題を抱えており、カウンセリングを必要としている人は決して少なくないと私は思います。そして恋人や母親との三者面談は巡り巡って私自身にとって有意義であったことは言うまでもありません。そのような、公的機関では考えられないような柔軟なセッションも可能にしてくれました。


いっぽう私は、習慣ともいえる毎月のサービスを受けることで、精神的に不安定な自分の人生に何よりも安定をもたらし、最終目的であります豊かさと思慮深さをも身につけました。どのように落ち込んでいるときも、また様々な突然の厳しい出来事が私を襲った場合でも、私のカウンセラーは冷静沈着な態度でいらっしゃり私は「自分は最低ここでは守られている」という重要な理解を持つことが出来ました。それが可能なのは、まぎれもなくこちらの相談業務の技術的な水準のおかげです。


どうぞ港区コミュニティーカフェの機関の末永い存続をお願いします。私自身にとどまらず、深刻な状況におられる女性男性の個人的な安全機関を守って下さい。このような有能な人材の能力機関、特色ある業務機関をどうぞなくさないで下さい。
2013年11月27日(水)

「手伝いる?」申し出たのは5日前。
今日、そこまでの半分は私の知っている道だった。少しすると友人さんがバックパックに1m以上の物差しのようなグッズを突き刺してチャリで到着した。これからこの新居に本体の荷物が到着するというので、最初に自力で運んだバラバラな姿の沢山のモノを整理するのが私の役目のようだった。私はとりあえず段ボールを要求した。3時間後にはなんとかそれらを使って家具家電を置くスペースを作った。


途中、新しい段ボールをもらうために一緒に以前のアパートに寄った。業者は昼休み中で二人いた。可愛いいコ(友人)が明るく話しかけている。その前に私たちは以前の部屋のドアを開けてみた。「あれ、ヘンな臭い」と彼女が言った。「燻蒸?」と私が言った。「バルサン炊いてる」「見ていい?」彼女が反対しなかった。中はまるでドライアイスを使った舞台装置のようだった。非現実な感じ。もう一度見ようとドアノブに手をかけると彼女が制止し私は従った。「見なきゃよかったね」少しして歩きながら彼女が言った。「ヒドいでしょ。ジルさん夢に見るよ」「、、ここに住んでたの?」「もうほとんど住んでなかったよ」経費25万円。目と鼻の距離、、、。


その後、昼ご飯をご馳走してもらった。「ご馳走してもらうご飯って美味しいね」と私が言った。「あと二時間だ、頑張ろう」立ち上がりながら私は言ったが、意外に30分で最後の作業は終わった。きっと今日か明日に100箱くらいが到着する。「ねえこれから後が大変だね」「うん」本当だ。「ごめん私はこれきりなんだ」「うん。わかってる」「ねえ、これっきりってXXちゃんのことじゃなくって、手伝いのことだよ」「うん」明日から一週間多忙らしいんで一人っきりじゃないし全然平気、かも。電話してみようかな。
2013年11月26日(火)

f0204425_20565225.jpg
歯科医から戻ったあとに近所のホームドクターの所に行き、先日の特定検診結果をたずねた。結果、ただ一点を除いて健康だった。それは「高脂血症」値は153だった。「お薬飲みますか?」「、、いいえ、、」しかし話を聞くとそうした方がよいと理解した。とうとう今日から一生涯そうすることになった。一日一錠、単価30円のジェネリック。「第一世代から試しましょう。よいお薬です」死ぬまでといっても私20や30ではない。「残りの年数」はたいした年数でもないのでそうすることにしました。

それにしても今朝食べた玉子ぶっかけご飯が、最期の玉子だったのか。一昨日のイカの刺身が最期のそれだったのか、と感慨深い。でも先生「このお薬飲めば今まで通り色々食べられます。まあ少しはセイブするにしても」とおっしゃってたな。「これは遺伝です」「突然脳溢血や心筋梗塞で死ぬより、クスリ飲む方がいいですよ」とも。そうだなあ。


アドバイスはありがたい。別のアドバイスは今日のカウンセリングでも。「旅行は楽しまれたんですね」「はい」そしてその続き。なんてことはないですが自分の人生に向き合う態度をうながしてくれる。こちらも相当にありがたいです。
2013年11月25日(月)

私たちは港までの散歩の途中、昼食用に近くの二藤魚店で盛り合わせ(700円)とマグロ(600円)、わさび(無料)を買って最後の食事を楽しんだ。
マンションを施錠し小田原駅経由で新松田に着く手前で、私はケータイが無いことに気付いた。鍵をかけるときに鍵を探してバックの中味をぶちまけたのを思い出した。そこで私ひとりトンボ帰りに戻った。するとケータイばかりでなく財布とメガネまでそこにあった、、、、うむ、、。

まあ世の中、いいことと悪いことが半々で成り立っていると考えると納得が行く。
つまり美味しい刺身、そして痛い忘れ物。
2013年11月24日(日)

昨夜11時半頃にマンションに到着した。午前2時まで喋る。翌朝10時に起き 熱海駅からバスで十国峠方面に向う。途中バスを降りて西山の魚屋で刺身を数種類買う。そこは求め易い一トレイが200円程の刺身が各種あり、私たちは今日の最初の目的を完遂した。海と海岸線を見渡す笹の広場で敷物を広げ遅い「刺身の」昼食を取った。第二の目的も成し遂げられた。ただし時刻は午後4時を回っており、注意深く防火帯を降りたところ最後の部分はかなりの闇になっていた。再び同じ魚屋を通り、夕食用に刺身を買い足した。比較的早目に就寝した。

刺身の食事はなおも続く。
2013年11月23日(土)

午前中年一回の庭の剪定を行った。90ℓゴミ袋9個。その後連ちゃんでアップルへ。帰路45分で家へ。これからあまり気のすすまない感謝祭ディナーパーティ、150 名参加予定のデカいやつ。途中退出して友人さんと真鶴へというと予定です。
f0204425_22435170.jpg

2013年11月22日(金)

いったん虎ノ門にチャリを走らせるとその場所は(中国東方航空だった,,,,)私の勘違いだった。一つ目の用事はスキップし二つ目の用事、銀座アップルでone to oneを1時間受ける。新橋のスター銀行を探した。その隣に中国南方航空があった。受付嬢の糊の効いたシャツのカフスに控え目に会社のロゴがプリントされていた。前身頃もチャイナ風だ。非常に親切にドア開いて退出する私を誘導する態度をみて、私は自分が招かれざる客だったという感想をじわじわ感じた。気を取り直して別の会社に別の用事の電話をした。20分間のアポイントを取った。到着するとその会社の受付嬢は別の客と最後のやり取りをしていて、私の遅刻時間は5分間が10分間になってしまった。そこで今日のところは「別の日取りの約束を取る」という用件に切り替えた。その足で眼鏡屋に寄った。「わあ、お客様沢山作って下さってるんですね。毎年のように」とカードをチェックした新しい店員が私に言った。なくすからね。念のため検眼すると視力がまったく変わっていないことがわかった。1本を注文した。いったん家に戻り、そのあとに近所のクリニックに大腸がん検便を持参した。その時点でだいたいの用事が済んだ。