人気ブログランキング |

<   2011年 02月 ( 47 )   > この月の画像一覧

2月24日(木)
f0204425_1045288.jpg
話の続きというか、記録しておきたいこと。
とてもよい話がそれぞれにあった(私自身の話以外は、です)。

1番目の話は「その昔アフリカの台地で一人の女の人が産まれて、、」という喋りで始まった。最後は「個々の人間に色々な事が起きても、遺伝子にしてみれば、大した事無いのかな」という下りです。ミトコンドリアDNAが見事に人格化されている。私という個はイヴが複雑に世代継承した細胞の集まりに過ぎない。ミクロ(細胞レベルの私)とマクロ(遠大な地球生命の歴史)が私の中で混じり合うみたいな感じだ。

2番目の話は「人生を登山に例えるのはよくある方法ですが」という前置きの続きで語られた。「登山というものはある程度過酷である。けれど自分が今どこにいて、サミットがどこにあり、どういうルートを辿ればいいのかをある程度わかっている。だから攀ぼって行ける。人生もある意味でそうでなければ不安でたまらない」とても分かりやすいし心に残った。

3番目は「荷を軽くする」こと。登山においての説明でも、ある程度荷を軽くすることは大切だ、と最初に言われた。

4番目その負債を手放すかどうか、の判断。もし手放すのなら「嫌な部分とは縁が切れるが、その反対の部分を永遠に失うことになる」

5番目は逆に負債を受け入れるとすると同じ意味でそれらが必ず「セット」になる。

6番目は美しい響きの「ゴールデンゲイジ」。「でもゴールデンゲイジならいいんじゃないですか?」という感想があった。それはたぶんこういう意味だった。餌や水を与えてもらい、糞の掃除もしてもらえる。世話をする人が幸福であるなら世話をしてもらう人も少なくとも不幸ではない。その期間がどうなるかは別として。

今日は偶然にも援助者を含む参加者の5人全員が何らかの形でアルコール依存症の病気の患者に関係していた。そこに一緒のテーブルに座ったことは、何かの意味があった。時計が午後9時を回った頃いつものように解散になった。
最後に私が冗談を言った。「ここって10回分のプリペイド回数券あるといいですね」すると誰かが続けた。「ああ、コーヒー10杯分で1杯無料みたいな?」「考えておきます」援助者が笑って答えた。
最近は参加費を払い忘れることも無く、家路に向う私なのです。
(おわり)
2月24日(木)
f0204425_0215226.jpg
「話中心」のやり方が2回連続した。
今回、私が話したことの一つは「マズローの欲求階層説」の自分版。「1」と「2」は幸いクリアしている。そして今まるで「3.所属と愛の欲求(social need/love and belonging)」や「4.承認の欲求 (esteem)」をスキップして「5.自己実現の欲求(self actualization)」に向うことをしていると思う、と話した。


すると、コメントが頂けた。それは「3」「4」を飛ばして「5」に行き着くことは有り得ない、たぶん「3」と「4」も意識するかどうかは別として、充足されているのではないか? という暖かいコトバだった。事実はともかく、、、、そう言われればそうだ。マズローさん、失礼いたしましたっ!


もう一つ、自分は今何をするべきかはわかっているのに、中々進まない。例えて言うとすると、長距離ドライブに出発する計画があるのに、車すらない。代わりに鉄の巨大な塊が転がっていて、これから設計図を描き、鉄塊を盤に加工し、部品を作って組み立て、エンジンその他を買い、私は私で普通免許合宿に通うみたいな。


さらにもう一つ、故人のエピソードと共に日々、24時間想起して暮らしている(以下のことは話さなかった、つまりそれはどちらかと言うと「楽しいこと」とは言えない)。


そして、以下のコメントを聞くのは本当に辛い。
「家族友人として、回復見込みのあるアルコール依存症者本人をあえて突き放すのは必要なことだが、仮に重度で末期の患者に対してそうすることは明らかに誤っている。もしその過ちを犯してしまった場合、家族友人は一生その負債を背負って行く」という真実だ。
それはどうしようもなく「シンジツ」に違いない。
2月24日(木)
f0204425_91820100.jpg
デジカメが手に入ったので撮影できました!
それは、銀色のスチール製で5つの区切りがあり、5つの主菜と副菜を同時に盛り付けることが出来る皿である。B5サイズであり比較的ごぶりだ。特徴として、厚みがある、つまり汁気のある料理でも隣に越境して味が混じり合うことが回避出来る。そのことは、ある場所である方が語っておられたとおりだった。


いま、私の手元に一台のカメラも無いので、ここに写真をアップすることが出来ない。残念だ(たった1台のデジカメが壊れ、まだ次のを買っていない)。


今日偶然手に入れた。ある自然食レストランの店頭にまるで「ご自由にお持ち下さい」と語るかのように、他の外国語の絵本や、毛糸玉やなんかと木箱に入っていた。信号が青に変わるのを待ちながらそこを覗いた。それを手にした。信号がまさに青に変わりそうになったとき、「物物交換箱、、、、、1個につき、、、、なんとかかんとか」というけっこう面倒っぽい説明書きが目に入った。「あれっタダじゃないんだ、、、」けれどなんと私はそのまま、そのプレートを自分の自転車のカゴに突っ込みそこを立ち去った。


神様、私の不正行為をお許し下さい。
これが確実に! 欲しかったのです。
これは、最終的にこの皿を贈ろうと思う方の言っていた「自衛隊の皿」とは違うのかも知れない。でも私にとって、この皿はその方のおっしゃった「自衛隊の皿」なのだ。
代わりの物物交換品は後日そっとその箱に入れよう。もしくは店員にワケを話して詫びながら、、、。その方がいい、と思った。
(今日はその信号で、確定申告提出を控えて急いでいたのですって弁解しても意味無いですね)
2月23日(水)
f0204425_223110100.jpg
今日は認知症盛り沢山の日であった。午前の特養老人ホーム訪問に引き続いて、午後も標記の会合に顔を出した。午前は2時間、午後の方は3時間。まったく別の雰囲気だ。なぜならこちらには認知症のご本人はお一人もいらっしゃらない。ご自宅で介護されている「ご家族」自身が主役である。


4人の在宅介護者の方(男女半々)が忌憚の無い日常の様子などを話される。「介護サポートネットワークセンター」を標榜するNPO法人の職員が数人と包括支援センター職員が2名、7、8名のボランティアで構成される寄り合いのような会合だ。私たちボランティアは2時間のあいだずっと静かに話を聞いている。


不思議なことにその2時間は長過ぎもなく、短過ぎもしない。介護者の方々が身支度をしてドアの外に出るのを残りの人々が目で見送る。机を小さくして「ふりかえりの会」を行う。順に感想を述べた。主には「その日の介護者の方々の様子をご自分はどう感じたか」を中心に、とNPOからリクエストされる。私としてはかなり苦手な分野である。いきおい自分の問題に目が行ってしまい、発言にもそれが中心になる。「自分がここにいる理由をいつも考えています」われながら違和感を呼ぶ話だった。


けれど、その答えは意外に単純なことだとわかった。
「介護されている区民に対して、別の区民が気にかける構造」という意味の説明をNPOスタッフから聞いたとき、なーんだそれだけのことなんだ、と理解した。いたってシンプルだ。
あれやこれやしてあげよう、というお節介(ご迷惑)以前に、その人たちと友達になる、という話なのだ。世の中それがなけりゃね。
だから来月のオトーさんたち(ご自宅で奥様を介護されていらっしゃる)との飲み会は楽しみです。
2月23日(水)

Kさんは、笑わない(そう言えばここの入所者さんで笑われる方は本当に僅かだ)。Kさんは歓喜も悲哀も憤怒も落胆もその表情に顕さない。それらの全てを通り越している。
しかしKさんは普通に言う「表情に乏しい」というのではない。おおらかで控え目な自信がみなぎり、表情は比較的豊かで精神が落ち着いている。


大きく眼を見開き私の眼を見つめ、ゆっくりと自分の世界を喋るか、あるいは首を斜め下に落として気持良さそうに寝ている。


「皆帰っちゃったのよ」と状況を私に解説した後は、幾つかの私の投げかけた話題に反応しない。
しかし「Kさんの髪は本当に綺麗ですね」という一言にやっと反応してくれた。
「それはね、そういうセンスのいい女の人たちと一緒にいるからなのよ」
そして少女時代の話を少ししてくれた。彼女自身の教育の進路の話が主だった。その学業履歴の最終は東京大学まで続いた。それをあまり興味なさそうに克明に淡々と話した。それからまた、皆が帰って行った話に突然戻ると「私ももう帰るわ」と言った。職員さんが「もうじきお昼ご飯ですから、ここにいましょうね」と諭した。


丸顔、色白の綺麗な肌、太く揃った白髪が視界に優しくあった。ピンクっぽい暖かいベストに白いボアの縁取りがある。気に入っていらっしゃる服装なのだろう。本当に大きな二つの眼だ。この人を好きだと感じた。私のことをここの入居者だと認識している。あるいは私のことなど何も考えていらっしゃらない。それはそれでいい。「私は」彼女を識っているのだから。


しばらくして「お食事の時間なので失礼しますね」と挨拶した。
帰りがけ、VTRを観られているHさんの所を通ると、昼食時間のために画面がニュース番組に替わっていた。HさんはをVHSカセットを胸に抱き締めていらした。「よかったですね、Hさん、映画のビデオいただけて」と一人の職員さんが私に聞こえるように言った。しかし彼女は怒っていた、いつものように。
「また来ますね」そう言って掌を握ると、きっちり2秒後に強い握り返しを受けた。そのことは嬉しかったけれど、彼女はそれ以上に怒っていらした。だからもう一つの手で私の額を引っ掻いた。もちろん無難に避けた。本気ではない。


彼女は哀しいだけなのだ。少しの言語もあった。
「なによ、いつもあんたはいっちゃうんだから」それはそんな風に聞こえた。
5メートルほど離れた場所におられたクルマ椅子の一人の男性入所者さんが、私たち二人のやりとりに、非常な驚愕の表情を示していた。彼に向って、大丈夫ですよ、いつものことですから、という苦笑いの表情を私は向けた。


そして、その日のたわいもない用事を終わりにした。もう一度パスワードを押してエレヴェータで1階に降り、コーヒーテーブルで簡単な報告書を記入して家路に向う。
私も別に笑ったり怒ったりしない。私はたまには悲しんだりもするけれど、それも最近は少量でいい、と考えるようになった。今日の出来事の後で。
(おわり) 
2月23日(水)

毎週水曜の午前は、特別護老人ホームに行く。自分が何故そうするのかがよく分かっていない。ただそこに行き、入り口でスリッパに履き替えて、着ていたコートや帽子をザックに詰め込み「ボランティア8」と書かれたネームプレートを胸に付け、その後すぐにインフル予防の為に手洗いとうがいを済ませて、パスワードを押してエレヴェータで2階に行く。


今日も10分程遅刻して2階のロビーに着くと、他のボランティアさん達が歌のイベントをしている最中だった。「間に入って一緒に歌って下さい」と指示される。私自身もそうしようと考えていたところだった。それが終わると隣にいらしたHさんに「これ差し上げます」と言って不器用に多少古びた『理由なき反抗』のVHSビデオを差し出した。「今観られますか?」「今観るわ」そう聞き取った。職員さんに、今日私が家で観た数十分分を巻き戻してもらった。私の家のビデオもそこの機材も、どっちも調子が今いちだったからだ。「これHさんに差し上げていいですか? たった1円だったんです」と恐る恐る質問すると「いいんですか?」と返事が明るい。


「1円だったんです」もう一度意味なく私が言った。「え?」「あのアマゾンの中古品で1円のってありますよね」「そうなんですか?」私は曖昧な笑いでその会話を終わりにした。それよりジミー・ディーン好きの彼女がこの映画を気に入ってくれるかだ。車椅子を液晶画面の間近まで押して行った。ロックが左右2カ所あるのにしばらく気付かなかった。余りに画面に近いので職員が後ろに引こうとした時、「先週はこの位置で観てらしたので」と私が遮った。そしてHさんはやはり、かなり集中して映画鑑賞を開始した。


その食堂担当になっていた女性の職員は、その後の時間、Hさんとは別のKさんという老婦人の横に座って話を聞いてる私に向ってこう言った。私が時々会話をもてあまして、報道番組をやっているもう一つのTVに眼をやっていたからだ。だからこんな質問をした。「地震、どこであったんですか?」
「ニュージーランドです。その国はこういう格好で北島と南島があって」私は宙に弧を描いた。「その南島の中に、国で2番目に大きなクライストチャーチという町があってそこがやられたみたいです」そう答えた。ふうん、と彼女が頷いた。私はKさんの方に向き直った。


「みんな帰っちゃたみたい。だってそうでしょう?」Kさんは私に大きく見開いた眼を向けた。ふたつの美しい恒星が温かみのある音を保っている。瞼の下方が垂れている。「みんなもう帰っちゃったのね」それを数回繰り返した。
(つづく)
2月22日(火)
f0204425_2343175.jpg
今日やったこととかを必ず記録します(今日だけだと思うけど)。
1.病犬を気にかけていた
2.プレッセ中目黒店で買物、チキンソテーを調理した
3.平成21年分青色申告用の現金出納簿完成した!
4.気功、マシーンジム、プールへ行った
5.宣伝会議の課題を提出した
6.かつての大学教員に手紙を投函した
7.友人知人にメールをした
8.ドンキホーテ中目黒店でデジカメを見たが結局買わなかった
9.ヤフオクで何かを落札した
10.中古屋で冬物半額のセーター、ジャケット、マフラー各1枚を買った

ニュースは1度観た。NZ南島クライストチャーチの大地震を報道していた。
犬は病犬用のご飯を半分ほど食べてくれたので少し安心だが、ウンチが緩い。その犬のお陰で確定申告の仕事が捗ったのです。
2月22日(火)

犬が朝ご飯を食べなかった。そんな時もあるので、昼まで待った。
自分の昼食がチーズの載ったドリアだったので、大好物のお裾分けを紙パックごと床に置いたのですが、興味なし。次に私のオヤツ時間。ドリアの残りをもう一度チンしてチラつかせても、魚肉ソーセージを鼻先に提示しても反応なし。次の瞬間には電気毛布を敷いたベッドで寝てしまった。


昨夜、アルゼンチンタンゴダンスのクラスがあり、指導内容をすごく理解出来た感じがしたので、今夜別の場所であるプラクティカに出たいと思っていたのを頭の中で取り消した。
それ以前に、今日は天気が良いので、壊れたデジカメの次のカメラを買いに「ハードオフ多摩川大橋店」に犬連れでチャリようと思っていた計画もすでに取り消してあった。f0204425_16544345.jpg

老犬はこんなオシッコ曲線を描くのですね→

おーい犬よ。はやく元気になあれ。
2月21日(月)

夕方一人の友人さんからメールがあり、それは私自身のヘンテコなメールへの返信でしたがこう書いておられた。「一人ハイキングがお好きですね(木の絵文字)」そう、、、ですね。「犬とハイキングが好き」が正解です。長寿犬がおり、高齢にも係らず私のハイキングに同行してくれる。涙の感激です。


ヒトが家畜(=飼育動物)とともに楽しむスポーツの顕著な例は乗馬でしょうが、ひとまず馬はさておいて。犬ですと、スポーツハンティングにはしばしば犬を使いますけど鉄砲撃ちしませんし。最近ではアジリティー(犬の障害物競走)とかあるのでしょうが、そんなお利口でないし。レジャー競技としての犬そりなんかも分かり易い、でも雪原ってない。しかも小型犬です。すると、どこでもいいというわけではありませんが(国立、国定公園の特別保護地区では環境省さんが自粛を促します)、ハイキングですかね。


そんなこんなで15歳の犬と15年間、それを行っております。f0204425_226739.jpg
2月21日(月)
f0204425_1242410.jpg
2泊1日の小旅行から戻った。
コナミスポーツクラブ碑文谷店では午前10時開始、大好きなTERU先生のヨガのクラスが頭にあったので、6時起きして上り通勤電車に乗ったが、途中でうーん間に合わなっぽいとわかってしまった。しかたなく午後の太極拳に出ることにした。空いた時間、とりあえずマガジンハウスリーダーズクラブとセブンカルチャーネットワークに登録して、『ポパイ大学 春学期篇』『池袋コミュニティカレッジ 米光一成文章道場』を申し込んだ。これって、Net環境につながってないと出来ない〜〜。たまったメールを読んでいるとこちら系(PCを色々いじくる仕事)が、別にたっぷりあるみたい。電書好きな人々の卒業アルバムなのです。今日の夜かなあ。

『ポパイ大学 春学期篇』http://magazineworld.jp/popeye/special/daigaku/
『池袋コミュニティカレッジ 米光一成文章道場6』http://cul.7cn.co.jp/programs/program_525120.html


溜まり仕事は、徐々にですが分解しています、と信じます(昨日の昼はハイキングなどしていましたが)。
PCを別宅に持ち込んだので、写真展の下準備のそのまたした準備をすすめました。往復の通勤電車でもMacを膝に拡げて行うのです。しかし、確定申告の方は、まだまだですぞ。


で、デジカメも全壊しました。
撮影などのモード切り替えボタン周辺のスチールがヘシャゲてしまって言うことを聞かない、、、。
新しいの買いに行かないと。