人気ブログランキング |

<   2010年 04月 ( 59 )   > この月の画像一覧

4月30日(金)

帰りの環三のけやき坂辺りで、よろよろよたんと転けた。
完全に止まっている姿勢で。
舗道の切り下げの勾配がキツくて。こっちの信号渡ろうかな、と思った瞬間。
チャリではよくある話だ。

最近やっと後輪のタイヤも交換した。
前後とも摩耗してないってのは乗り易いと知って楽しんでいた矢先だ。

このよろよろよたん、は何故か「気分」と関係がある。
なんやかんやが原因で「燻っている」時にやる。

で膝小僧の擦過傷だけど、プールに入れない程でもない。
と思うが、塩素がどうだか。

昨日私が散髪した犬が日向ぼっこしている。何時もより一回り小さい。
4月29日(木)続々々

明後日から4泊で香港に行く。
一人旅で、目的もあまりない。

どうして香港かと言うと、こう言う理由だ。
1年のうち盆暮れとゴールデンウイークしか犬の面倒を見てもらう家族(息子)の会社が休みでないので、割高になっている飛行機代を考慮すると、そんな地域に落ち着く。予算、日にち的に。
ANAの正規航空券を早割で購入した。確か7万円か8万円だったと思う。宿は決めていない。


香港を選んだ理由は、じつはもう1つあって、ANAの機内誌に載っていたハイキング記事に心を持っていかれたからだ。ランタオ島(トンチョンから)、ルガードロード(ビクトリアピークから)、サーセシルライド(闘態勢から)を出来たら3カ所3日間、無理なら2カ所2日か1カ所1日。歩けたらいいな、と思う。膝が悪いので怪しい計画なのだが、、膝と十分相談の上。


後は屋台の中華を食べて、マッサージをしてもらう。
もしかしたらこの中華とマッサージだけでもいいんだ。


「旅行が出来ていいな」とつぶやいていた友人のことを考えない訳でもない。
このような記事は全部意地悪な感じもするし、ぎゃくにあまり関係ないって気もする。
旅の途中で、気の合う友達が数人で来たらな、と思う。
それが素敵なオッサンだったとしたら、こっちの方がずっと意地悪かも知れない。
4月29日(木)続々

「ずっと会っていないような気がする」
半時間前に送ったメール。


その返事は来なかったので今度は電話をした。午後9時を回っていたけど。
「ごめん、起きていた?」と私が言った。
「明日は昼過ぎまでならいるよ」と友人が説明した。
ひとりでご飯を食べるより二人で食べる方が美味しい、とも言った。


でも、たったそれだけなんて。、、どうぞ勝手にひとりで食べて!


「来る?」「行かないと思う」即座に私は応えた。
今日の私の声って喉に溜まったゴミをかき集めたみたいな感じだった。「あ、そう」相手の音声もザラザラと毛羽だっていた。


本当はそんな事(お互いの声の調子がヘンだとか言う事)は全く無いのかも知れない。


いつも私って自分のことばかり考えてしまう。
純粋に相手のために生きる事って無理なんだろうか。
せっかく社会復帰している姿を応援するとか、そういう事を私はしない。
4月29日(木)続

「旅行が出来ていいな。」というサブジェクトのメールをもらった。
「Re:旅行が出来ていいな。」といいうサブジェクトのメールを返した。
「Re:Re:旅行が出来ていいな。」というサブジェクトのメールをもらった。


3つの中に旅行のことはあんまり書いてない。部屋の片付けをしたとか、何を食べたかとか。何を飲んだとか。何を飲んだか、、、は私が書いた。
「ベトナムハノイの“ハリダ”小瓶ビールを飲んでいます」
そしてそう書いた事をエクスキュースした。
そうしたら「別にあんたさんがビール飲もうと構わんよ」
と言ってくれた。


ドキドキしながらそんな内容を書いたのは、昨日のメールにも一昨日のメールにも「当然△△の××割り飲んでます」とあって、その事にどんな風にでもいいから返事したくなったからだ。


愛する人が健康でないのはとても悲しいけれど。
それに薬物で捕まったどこかの芸能人の彼女さんのような言葉は私には言えない。
自分にはどうすることも出来ない。
まさに“平安の祈り”だもの。
4月29日(木)晴れ

今日の掃除     レンジ奥をマイペットで磨いた
今日の事務作業   取引残高報告書のエクセル転記の続き(予定)
今日のスポーツ   ストレッチング・最後のペダリング・マシーン・水中ウオーキング
今日の料理     朝食(玉子/サラダ/ロールパン)昼食(アラビアータ)夕食(未定)
今日の私の犬    風呂とカット
今日の怪我や病気  健康 やや膝痛
今日の飲み物    コーヒー3杯 プロテインドリンンク1杯 ももジュース
今日のミヤネ屋   またもやエリカと高城氏の離婚騒動/普天間
明後日からの旅行の用意
     着て行く服と着替えを3着
     履いて行くスニーカー1足とスカートにも合うサンダル1足
     デイパックとポシェットとスタッフバッグ2、3個
     下着とくつ下各3枚と寝間着服 
     傘と雨合羽と帽子、サングラス、水着
     石鹸、シャンプー、タオルと化粧品
     目薬、バンドエイド、虫さされ薬、化膿止め、胃腸薬
     面白い本 
     筆記用具割と沢山
     いちおうデジカメかな
     ANAの機内誌にあったお散歩資料数ページ
     地図はあっちでもらうし
     現金少々とクレジットカード
     パスポートとスマートeチケット
     私自身
胃腸薬でも買いに行こう、、、。いつも決まって下痢になるし。あとブックオフ。
4月28日(水)

アイドルとかファン感謝イベントとか、韓流スターとかも無縁の圏内にいたので、こういう経験は新鮮といえば新鮮。けれど、そのイ・ジュンギというスターの名前も顔も知らないお父さんみたいな立場で、その会場に向った。いるいる、日本のファンだけが何故かオバさんなのらしい。30代から60代かな皆。


「友達のチケット余ったんで来たんです」
「ですか?!」
隣の席の人は一人参加のようだったので私が話し掛けた。
「近くなんですか?」
「いいえ」と私は答えた。ハマッ子ではないし。
「この辺に泊まってる、、?」まさか。東急みなとみらい線で通える。
その人は新潟からだった。少し前までは宝塚ファンだったと自己紹介した。


午後7時15分、会場の照明が落ちるとペンライトが激しく揺れて、8千人の気持がひとつになった。スゴい。
とても長い3時間が過ぎた様に思えた。その後「出待ち」というのも体験した。イベント会場から出演者が車で会場を出る所を「一目みよう」とする行為だった。多くのファンがいた。
ケイタイ撮影厳禁。
「みなさん、ゼッタイ写真撮らないで下さいね、もう来れなくなっちゃうからあ」長い待ち時間の間ファン同士が牽制する。
すると一瞬の車中の「感動」も通り過ぎて行った。


「前回の方がよかった」
中華料理屋で遅い夕食に箸を運びながら友人が総括した。前回は踊りがもっと長かった、と言った。
その友人から帰宅後にメールがあった。
「イ・ジュンギ5月3日から入隊だって」
兵役か「韓国ですものね」と私はメールを返した。
すでに日付が変わっていて、犬は私のベッドでひとり寝息を立てている。
4月28日(水)

今日の掃除     食器棚の引き出しの整理
今日の洗濯     1回
今日の事務作業   4/15現在の取引残高報告書をエクセル表に転記、、という作業の一部
今日のスポーツ   ルーシーダットン・マシーン・水中ウオーキング
今日の料理     朝食(納豆ご飯/味噌汁)昼食(野菜天釜揚げうどん)夕食(とろサーモン/肉野菜炒め/冷奴)(予定)
今日のエンタメ   Lee Jun Kiファンイベント(予定)
今日の私の犬    ほとんど寝ているな
今日の怪我と病気  膝痛 腰痛
今日の天気     雨のち曇り
今日のミヤネ屋   小沢一郎へ検察審査会が基礎相当の議決 沢尻えりか離婚表明
今日の飲み物    コーヒー3杯 日本茶1杯 ウーロン茶2杯
今日のトイレ    小4 大1
今日の服装     Tシャツ2枚とタイツとウインドブレーカーの下衣(以上雨で濡れたので全て洗濯)、Tシャツと長袖シャツと長ズボン(今)、黒本革製パンツスーツとツバ付き帽子(コンサート)
今日のお財布の中身 9,175円 足りない、か
4月27日(火)続

先の記事の最後に書いた、その友人がメールをくれた。
そしてその後少しチャットをした。
テーマは人はなぜ物を買う(=所有する)のか? 
何故出家者は物を持たずに生きていけるのか?


私は自分の買物という快楽について、友人は友人でそれに似た行為の本質について書いた。
(引用して書きたいけど未承認だからできない)

偶然か必然か,二人とも仏道に関心がありその場所を意識した。
授戒法会と呼ぶのだろうか、私は日本の曹洞宗にもっとも親近感がある。
友人はタイ国の仏教に出家の経験がある。
スゴいと思う。
4月27日(火)

午後5時が過ぎ、今日という一日が目の前を過ぎ去って行くのを穏やかな気持で見送っている。


歯科病院に行き、新しい主治医に会った。感じが悪くは無いが年齢がとても若い。○
脱会(そのスポーツクラブが閉店するので私は5月より他店に移籍する)4日前のクラブのプールに行くと、ボイラーが故障していてジャグーの水温がわずかに28℃だった。ミストサウナもシャワーもぬるかった。けれどドライサウナだけはよかった。○そこでお顔しか知らなかった一人の会員さんと膝痛について色々お喋りが出来た。○
3千円以上の振込の手数料は先方負担なので、その金額を差し引いた代金を証券会社に振り込んだ。その旨を連絡した。○
お尻にカギ裂きが出来た息子のズボンの代わりを至急探してあげようと、中古屋を巡った。結局本人が試着しないとダメだとわかった。家に帰ってから再び2つの店にサイズに関する電話をしたが、二人の店員の電話の応対は親切だった。○
Apple Care Protection Planに電話して、MacBookAirの修理に伴うヤマト便の手配を相談したが、その場合万万が一データが全て消えると聞き(ナンかねえ)、やはりApple Storeに持ち込む事に考えを変えた。たぶんそのほうがバックアップの方法も習えるだろうし、全般的にコミニュケーションが取れるのだろう。○
女の友人が急ぎのケイタイメールをくれて、それを速攻で読んで返事をするべきだっのだが、気がつくのに1時間もたってしまった。今電話がつながり、明日のコンサートのチケットが速達のクロネコ便で届くとわかった。○
CDのテープ起こしの結末が知りたかったので、取りまとめの方にメールをすると、今度は無事にファイルが開けたそうだ。MacからMacに送ったのだが、Winでやっと開けたとか。○1本目のメール。
久々に会おうという学友の2人と連絡が取れている。事情があってスグに実現しないけどお互いを理解している感じだ。○2本目のメール。
金曜に来たパーティーへのお誘いメールの差出人が新しいメールで名乗ってくれたので、なあんだという感じ。その返事を書いた。○3本目のメール。
友人から「歩こう会」の誘いのメールがあり、その返事を出した。4本目のメール。
これだけ返事が来ない。
留守電になっていた。
メッセージをいれて、♯を押し忘れてしまった。
4月25日(日)続と4月26日(月)

「坐禅会」と書かれた厚い板が扉の外側に立てかけられていたので、私は荘厳な気配を感じた。オ-バーでは無く、息を潜めた。チーンという弱い鐘の音がした。17時から19時とあった。通り掛かった時は午後6時だったから、ちょうど1時間たったのだろう。


駅付近で買い物を済ませ最終の午後3時45分のバスで霧降の滝に寄った。滝を往復し山のレストランでお茶をし、家に向かう小一時間の道のりの途中、その扉作家の家の前を自動的に通る。いったん帰宅し、犬と自分の夕食を済ませた後に、再びそこに寄らせてもらった。


尼僧さまは、飾らない感じの方で本当に身近に感じる。
私が犬の話をすると、ふと私の腰周りを見つめられた。
「まあ!」
ますます柔らかな慈悲深い表情に変わられ、その後はずっと私の犬の頭をさすっておられた。今いらっしゃる安曇野のお寺にも21歳の雑種の犬と、毛が抜けてロボットのように尾を振る病猫の世話をされていらっしゃるというお話を私にされた。


実は「2度あることは3度ある」の3つ目の出来事もあった。留守中に水道メータが勝手に回り、45立米、5、6千円の請求書が届きそう、というハナシ(普段の月は1泊か2泊で0〜1立米、基本料金の651円)。これは調べてみると、バルブの故障らしく工事を発注した。こちらも1、2万円かかる。
そうか、、。


その日はしかし尼僧さまにお会いできたのだから。
これはこれ、と思おう。このような世の習いは。