人気ブログランキング |

カテゴリ:引越し( 28 )

2016年2月19日(金)

二日目は午前9時から10時の配車とあったので耳をそばだてているといきなり小さなピッピという音が聞こえた。マンションの4階の廊下から見降ろすと道路にサカイのマークが見えた。風が非常に強い。降りて行き「よろしくお願いします」と挨拶すると「昨日お会いしましたよね」と一人が言った。「ぜんいん昨日のメンバーです」よかった「そうですか!」仕事は順調だった。荷にはあらかじめ緑色の養生テープを貼ったものと、大多数のそうでないものがあり、まずはそうでないもの、つまり荷ほどきせず6ヶ月後に運び返すものを奥のほうに「緑」は比較的手前に、と指示した。あまりすることもなくリビングに座って時々ある質問に答えていた。仕事は午前中に終わり、全てが準備された空間にすっぽり収まり、さらに玄関横や洗面所など、置き場として用意したが使われていない場所すら残った。次回の引越の説明を軽く聞いてから「お疲れさまでした」と挨拶した。子会社の電器屋がその後に来て、温水便座の梱包をあけたあと「部品がぜんぜん足りない」と報告した。そこには便座本体しか入っていなかったから。

そのオヤジさんは上司に、私はサカイと解体作業、まさに着手中の現場代理人に、それぞれ緊急連絡し、さっきまでいた引越しリーダーとも直接話もし、そのアンちゃんは「もしかしたら落ちていたので最後にひろったものを作った段ボールに入れた」というので、天井までうず高く積まれた和室の荷の要塞を苦労して突き進んで行き、取りあえずそのうちの1本の管を見つけて写メを電気屋に送った。折り返しを待つこと数時間、ついにサカイの下請け電気屋より電話があり「事情は今回の作業関係者からそれぞれ話を聞きました」に続き「当社で責任を持って部材取り寄せ、費用負担、組み立て完了まで任せてください、週末にかかり多少お日にちはかかりますが」という話に落ち着いた。これで一件落着、よかった。

朝食用には近所の魚屋で、続く6食の食材は旧ヤオハンに2度通い準備した。明日は軽く荷物整理をしよう。
f0204425_13533498.jpg

2016年2月18日(木)

今日からいよいよ引越。昨日の電話で午後2時から4時のあいだ配車がある、と言っていた。実際には「前の現場がながびいているので」午後5時半に若い5名チームが到着した。私たちは搬入先である神奈川のはずれまで、日付が変わる前に到着する必要があるので、待っている時間に2階の荷をだいたいすべて一階に降ろしていた。かなりの仕事で汗をかいた。業者が到着後、リーダーは荷物をざっと見て「これは2時間で出来ます!」と明るく返事をした。ナルホド。大型車両が狭あいな道路に入れないので、2トン車2回のピッチで、幹線道路に停めた大型車まで積み替えをしていた。終了のあいさつがあった時、そうだ、と気付いた。「あの、ウォッシュレトは?」それは昼の時間に、下請け電気業者が来て外してくれ置いてあった。サカイさんはにわかな箱を作ってそれを入れ、最後に持って行かれた。すべては早送りの映画のようにスピーディーだった。

身の回りのモノをコロコロに入れて私たちも出発した。門を出て「日にちと時間が入るしね」と言って息子は建物の最後をカメラに収めた。バスで駅に着く直前に「あ、解体業者に渡すアパートの部屋の鍵だ」と言ってポッケの中身を私に見せ「行ってくるよ」と続けた。感じのいい演奏をしているジャズバンドが駅前にいて、私はその前を通り過ぎた。通りを渡り買い物をして戻るとバスで余分なもう一往復した息子が向こう側から歩いてきた。新宿からロマンスカーを使った、とても疲れていたので。
2016年2月17日(水)

念のためじぶんの自治体選管に電話すると、選挙日に国内他県にいるばあい、期日前投票はできるけど、東京に行かないとダメみたい。しかも入場ハガキは転送不用郵便なので配達されません。それナシで期日前投票会場に告示後の17日間に行けばできそうだけど、ハガキが手もとにないと、きわめて面倒臭い。のでたぶんパスでしょう。


今日はクリニックで90日分の高脂血症の薬の処方と、銀行で明日の引越業者への支払金の用意、美容院で髪のカラーリングをしました。引越、どんなに前もって準備しようが勝負は前日と当日だ、とわかりました。「いよいよ今日が最後だ」とムスコがしみじみ言った。夜はなんにもしないでぼーっとしていましたが、そろそろ寝ます。明日はどんなだろう。
2016年2月16日(火)

最後の不燃ゴミがちょうどあり、かなりの量を出したので、いつものように清掃車の音がした後に見に行くと全部持って行ってくれてよかった、と思った。エアコンと洗濯機を回収する業者を午後に予約してあった。若い兄ちゃんが一人で来て、8台のエアコンと2台の洗濯機、そう今日は最終の洗濯を何回かしてベランダは干物で満員だった、を時間をかけて撤去して帰って行った。費用は息子と折半した。撤去した壁に穴が空いていて、ボロで詰めた、あと2晩寝るので。今日は本格的に衣類を段ボールとスーツケースに詰めた。厄介だった。あまりの量で。自分の部屋のいろいろなものも最終箱詰めした。午後6時にそれらの作業をおしまいにした。夕食を食べ終わり、そこでうただねして、そのまま8時頃寝てしまった。風呂、マツ子のテレビ番組が頭に浮かんだ。が、睡魔に勝てなかった。風呂は明朝、マツ子は録画でいいや。
2016年2月15日(月)

予定より1日早く山の家から帰れたので、今朝一回分多く可燃ゴミが出せた。私は朝寝坊していたが、ムスコはどうやら自分の敷布団を4つに切って出したらしい。いよいよ荷物の最終(上部)ガムテープ止めに突入した。テープが足りなそうな感じがしたので追加で引越の営業に持ってきてもらった。国会中継のTVを見ながら一階の仕事をだいたい終えた。明日は二階をやろう。午後、チャリがもうないので徒歩で食料を買い出しに行った。それからAOLに電話してプロバイダー契約を解約した。「お客さまは大変永らくご利用いただいております」と電話口の男が説明した。なんと1998年2月からだった。
2016年2月12日(金)

午後、新宿で設計と最終打ち合わせを行った。(途中でソフトバンクショップに寄り、光の割引について聞いた)。前半はインテリアの人とカーテンについて。後半は設計と外構について。つぎに暗くなり始めた家路を急いだ。急いだ理由は、ハンコを持参しなかったので、必要な数種類の書類の捺印を自宅に持ち帰って行った後に、営業がわざわざ家まで確認がてら受け取りに来られるというから。夕食に残った米飯のチャーハンとジャガイモ料理を作り、ビールでかき込んでいるとピンポンが鳴った。割印もれを押していただいた。ついでに解体工事のきになる話をして結果を連絡してくれる手はずを聞いた。夕食をたくさんとり過ぎ、胃が苦しくなったので早めに寝ることにした。
2016年2月8日(月)

IKEAはやっぱりキッズランドだった。特に2階のショールームとレストランは。平日でも週末と同じ、ただ乳児と幼児の構成で、小学生がいないだけで。しかし1階の売り場は平日らしく空いていた。そしてレストラン、前回は週末であまりの混雑で利用できなかったが、今日そこがリーズナブルで美味しいことがわかった。ママ友たちはお子ちゃまにデザートやキッズメニューをあてがって安いワインやビールを楽しんでおられた。私はチャリだったので、、、ソフトドリンクバー、それがたったの60円。


目的は引越し後に、日用品が無いと困るでしょう、あらかた捨ててしまったし、と思いつき、シーツやハンガーなど小物を少しだけ買い揃え、あとは情報を仕入れた。チャリなので背負える程度、次回は電車とシャトルバスで来ようと思う。そのチャリ紀行、二回目ながら一箇所で少し迷ったけど、あとは全て中原街道一直線、延々18km片道1時間半です。寄り道入れて往復4時間はさすがグッタリです。しかし今日は私一人、気分的には誰に気を使う必要もなくすがすがしい。風呂でゆったりして明日に備えます。f0204425_2130396.jpg
f0204425_21303040.jpg

2016年2月3日(水)

昨日の確定申告が還付になったので「やっぱり古いシャワートイレも海のほうの家へ移設してもらおう」という気持になりました。ウチのは松下電工と書いてありますが2003年に購入したかなり古いもので、もう部品生産中止なので作業を素人で行うなどして何かあったらアウトです。撤去と設置で1万5千円は割高ですが、細心の注意で作業してくれそうなので引越し業者の下請け会社に発注した。今日はパナソニックの0120で手入れ方法を聞いて歯ブラシでクリーニングしました。他はパソコンのプリンターや書類を箱にしまったり、家具の雑巾がけなどをしました。明日は粗大ゴミで食洗機を出すので、夕食後に最後のお仕事としてスイッチを入れました。それとガスストーブ2台。明朝、工事屋が「解体工事の事前告知看板」を門扉につけに来るそうです。TVでは清原覚せい剤報道花ざかりです。
2015年2月1日(月)

消火器5本を背中にしょってチャリで白金に行き専門会社に処分を依頼した。帰りにドンキ、無印、回転寿しなどに寄った。明日の不燃ゴミ収集日めがけて不用品を出したり次の可燃ゴミ収集日めがけて衣装ケースなどをハンマーで粉砕した。私のベッドも解体したので床に直接マットというスタイルになった。和室の掘りごたつを開けてみると中から父の遺品がいろいろ出てきたがだいたいすべて捨てた。こんご「転送不要」郵便物があるかどうかを調べたが、私の健康保険証が該当した。家中に家具とか小物がすべてなくなり、ガランとしていい感じになってきました。
2016年1月30日(土)

このあいだ記入した郵便局への「転居届」をIDと共に提出した。ポストへ投函でもよかったらしいが質問事項があって。イラストメモを持参して、東京→神奈川→栃木→東京と移動する時の用紙の記入方法を教えてもらった。納得しましたが「転送不要」郵便物がいつ送られてくるかは自分で把握し、先方へ新住所を知らせないとならないそうで、週明けにその仕事を行おうと思います。あとはリユースショップに寄付品を持参したひと仕事。午後時間が空いたので都心までチャリを13kmほど乗った。昨日から家の中でも杖をついたり、足を曲げずに引きずって歩いている(右の次に左もダメになった)のに、チャリはヘイキで乗れるのは不思議というかありがたいです。