人気ブログランキング |

2012年 03月 03日 ( 5 )

3月3日(土)

今見ています。被災地番組は(私が先に書いたような)感傷とは無縁だった。復興とは国の予算と当事者の気概、それを応援するその他地域の人間の3つで進行する。その当事者たちはこの番組でライブ出演されている。何と言うか、、、私たちも同列にいたい。震災1年後まだまだ瓦礫と浸水の中におられる状況、、。
3月3日(土)

「7時半からの録画しといたよ」と息子が言った。「今また違うのやってる」
私が見たその番組後半では浪江町の避難やその背景を取材したものであった。明日からもこういった特番は続々とある。
私の福島の人々との交わりは、日光市を二次避難所とされた南相馬の住民と3回だけあった。お一人の男性は新潟にバスで避難したときの話やご遺体と一緒に寝泊まりした話を私にしてくれた。今はみなどうされているのだろう。こうした番組を見るたびに考える。
3月3日(土)

今日の午前、「イピル・イピルの会」主催で前駐ボスニア大使が講演された。私は去年この会の代表者の方にお世話になり、またその後一人でその国を旅行した経験もあり参加した。
http://www.jica.go.jp/hiroba/event/201203.html#a01-33-02


興味深い話を聞くことが出来た。質疑では戦争に関するものもあった。終わった後サンドイッチとコーヒーが振る舞われ私は別の知人と雑談した。すると、数年後に再訪しようと考えていたことを思いだした。どうなるのだろう。出来ればそうしたいが。


取りあえずは当面のことをしよう。
地元図書館で本を借り帰ると昨日の主催者の方から忘れ物を預かって下さっているメールを頂くことが出来ました。本当に頭が下がります。
3月2日(金)

今夜、TANGO EVOLUCIONとRIKA TANGO 共催のMilongaが下北沢の北沢タウンホール12F最上階でありました。主催者Keikoさんの濃い目ピンク色のドレスの裾が「来てよかったね」と私に頷きました。ケータリング料理とワインがプロのダンサーたちの踊りを脚色します。そして自分以外のほとんどの一般人は上級者です。「やはりプライベートレッスンが必要だとわかりました」Keikoさんに挨拶のように告げて私は帰路につきました。そのときお楽しみ抽選会で当たった服を羽織っていたので、最初に着て来たカーディガンをラックに忘れて帰ってしまったようです。
3月2日(金)

今日で4日目。1つのキーワードで資料請求を続けました。雑誌カウンターで10冊ずつ3回程出納を済ませ結果的には成果なしに撤退しました。小雨の中を国会土産売り場で70円の熱いココアを注いだ紙コップを持ちながら社会科見学の小学生と警官の多い道を歩いていると、何か論の筋書きが浮かびました。これかな。

今日は偶然NDL-OPACの中に自分の名前と記事を見つけました。ジャーナル投稿のもの。何かそこにアーカイブされていると不思議な感じがします。