人気ブログランキング |

2010年 07月 05日 ( 2 )

7月5日(月)

月曜の朝はヨガに通う。
開始5分前にスタジオに入り、床にピッタリと両脚を開いて密着させ、さらに上半身を二つ折りにしているインストラクターに挨拶する。


本当にこの女の先生はセクシーなので「会陰」とか「お尻の穴」とか言う言葉を使われるとぞくっとする。「鼻で息すると体の気持よさがより判ります」とも説明された。いよいよ来てしまう。


帰りと別の外出で、2件の中古屋に寄った。
迷う事なく、幾つかの品々を購入した。
1.ジム・トンプソンの小物入れ(例によって4色の像がプリントされたシルク地製)200円
2.ルイ・ヴィトンの黄と金のシガレットケース(目的外使用にしよう)200円
3.ISETANと書かれたケースに入ったアンチック風のブレスレット(ステンレスでシルバー色)500円
4.USA製の携帯用パウダーファンデーション(未使用)100円
5.フリージアの香と蛙の香立て 100円
(追記;あと、そこで襟付きのコットン製ベージュのチョッキも買ったっけ、500円)


以下は住宅地に「ご自由にお持ち下さい」とあった品々。無料。
6.「テレタビーズ」キャラの子供用パズル(箱入り)
7.「ラーマーヤナ」(偉大なインドの神話)
8.「バグヴァッドギータ」
9.「ハヌマーンのお話」
10.「ガネーシのお話」
11.「バービーは結婚式が大好き」
すべて英語版の絵本です。
こんなものをつらつら眺めながら、サッカー準決勝、決勝を待ち望むのも悪くないです。
7月5日(月)

いまスピードデーティングの結果を知らせるメールが届いた。
約束通り、翌日午後8時半だった。
結果はこう。

Thank you for attending yesterday’s Tokyo Speed Dating event.
I'm afraid you didn't have any matches.
I hope you enjoyed the event and might give it a try again in the future.
Regards,


つまり残念賞。
ある日本人男性が回って来た時、私は彼に言った。
「日本人が来てほっとしましたよ。英語話しまくって疲れたし」
「かもですね」
「気合い入れて来たのに何かダメっぽい。せっかく美容室行って来たのに(笑)」
「僕なんかこのパンツ新調したし(笑)、さっき値札付いてましたけどね(自爆笑)」


「ですけど、チェックがもうメチャクチャ」
「そうなるとどうしようもないですね」
「この際、全員をYesにしちゃおうか」
「全員をYesにして一件もマッチしなかったら、それはそれでショックですよ、きっと」
「それはそうだわ」
だから適当な3人につけた。その適当な3人はNoだったというコト。


そう言えば、その同じ人は最後にこんな質問を私にした。
「付き合うとしたら、その男の職業は何が理想ですか?」
「そんな事考えた事ない」これを2回繰り返した後に私は咄嗟にいこう言った。
「冒険家か、作家」
「ボーケンカって?」
「植村直己かな」
「作家か、モノを作る人?」
「ううん文学者」
殺人課の刑事と言えばよかったかな、と後で思った。
(その人にYesはつけなかった)


しかしno matchesは多少へこむ。