人気ブログランキング |

荒川遡行(最終回−3日目)

2018年6月4日(月)

十文字小屋の朝食はおかずが盛り合わせてあり、味噌汁は昨日と同じ美味しいキノコと手作り味噌だった。昨夜、それを頂いているとき、アレ果物のタネが入っていると思うとそれは私の下前歯の差し歯だった。あと2日間だから美醜は気にせず過ごそうと決意する。ところが欠損した場所に硬い接着剤が刃のようにそそり立ち、口内と舌の2箇所を攻め始めた。今朝気づくとそれはあっという間に素晴らしい口内炎になていった。昼ごはんは中村屋のレトルトカレーで、アルファ米を久々に食べた。アルファ米、私としてはまあまああったが友人は散々何か言っていた。「夜もカレーだとしたら最悪だね」と私が冗談に言うと、その通りだった。チェックインした二つ目の山小屋、甲武信岳小屋は30人もの宿泊客で昨日の小屋と同じ系列の若夫婦がやっていた。早めについて、頂上で出会って知り合った感じのいい日立のご夫婦と4人で荒川の源流に降りて行った。歩きやすいジグザグが、私たちの3年越しの目標達成に王手をかけさせてくれた。記念で聖なる源流水のお汁粉を作り、お二人にも振る舞った。キノコ採りやハマグリ採りなどをされる方々で、ご主人は往きの道の泥に大きな矢印を描いてくれていたので、迷わず戻ることが出来た。夕食前に荒川の水と笛吹川の水とをウイスキーの水割りで飲み比べてみたが、違いは全くわからなかった。午後5時に声かけがあり、夕食とビデオ上映があった。疲れて眠かったので午後7時台に寝た。

by necojill | 2018-06-06 18:31 | | Comments(0)