人気ブログランキング |

病院にて(10)

7月25日(日)

この1ヶ月間で何が起きたか。


私がお揃いの指輪と腕輪の両方を外していた。


その1ヶ月の直前の週末とそのまた一週間前の週末を連続して私の別荘で過ごした。1泊と2泊。海に近い場所と、山の家の順で。


特段のケンカも無かった、合計で5日間。どちらかと言うと従順で大人しく、空虚そのものだった。つまり無感動で人間らしさを失い始めていた。視点が定まらず、俯き加減でいた。私の用意する食べ物や注文する料理や酒を飲んで、少し食べた。
心の低い場所に、常に静かな怒りを抱えていた。


触ってはいけない表皮を纏っているかのように、私には感じられたので、落ち着かなかった。私に対する無視に近い態度がそれを顕していた。私たちは現実に一緒にいたのだが、地球の裏側程離れていた。何も分かち合えなかった。


私自身の態度は、当たり障りのない会話と、控え目な愛想だった。
親蜜な行為について、仕方なしにジョークの中に隠してみたり、それとは逆に大胆に口に出して言ってみた私は、結局たった一人で敗退して行った。



最初の場所ではこう言った。
「昨日、あんたが夜中に迫って来たけど、俺は拒絶した」そう言って苦笑した。
二つ目の場所で私たちは愛を交わした。


朝。とても短い時間に。
たったそれだけの行為を。間違い無く彼自身がそうした。
ボロボロの体で、それを試みた。

f0204425_22413646.jpg
愛している。
そうしてくれた事は特に、、、そしてそれらすべてを。心から。
(つづく)
by necojill | 2010-07-25 21:15 | 書き残し | Comments(0)