人気ブログランキング |

グループカウンセリングはいつも楽しい

7月15日(木)

月一回の木曜の夜はグループカウンセリングの日だ。
今日はいつもと別の講師が参加して下さった。その先生方を含め、参加者はまるごと全員で7名。

まず軽い自己紹介の後、行ったセッションのメニューは4種類。
1.順番に「今日○○をしました」と述べ、同じ経験の人は挙手をする。
2.順番に各人がある食べ物を思い浮かべ、それを当てさせるゲーム。
3.食べ物に関するエピソード公開。
4.カラー粘度でひとりずつ好きな造形を作り、タイトルまでつける。その後お互いに評価しあった二人が組み、印象などを語る。すべてを集合させてまとまった配置に置き換える。全体のタイトルをつける。最後に感想を述べる。


多くの人はたぶん、4.に熱中していた。粘度など小学校以来だ、と言っていた。
私は作品作りに失敗し「失敗」というタイトルにした。
他の参加者の作品は「岩」「骨」「金のドラゴン」「うねうねした生き物」「生命」(だったか?)だった。


その日の私は、1.と3.に興味を持った。
1.は「今日ウーロン茶を飲んだ人は?」「今日満員電車に乗った人は?」「今日ケイタイでメールをした人は?」「集まる時間に焦った人は?」「痩せたい人」「ケーキが好きな人」「海外旅行が好きな人」「温泉に行きたい人」など3巡した。
私は「大相撲の実況中継がなくなって残念な人」「今朝のスゴい朝焼けを見た人」などと言い、孤独な結果に終わった。


「食べ物に関するエピソード」を話された人は4人いらした。子供の頃の事で、どれも興味深い話だった。


しかし、この粘度、かなり毒性があるみたいだ。袋の注意書きには粘膜や口に入れるなとか、手をよく洗えとかある。さらに原材料はどこにも記されていないのだ。
写真は残りを家に持って帰り、息子が作ったガンダムの頭部。
f0204425_20582460.jpg

by necojill | 2010-07-16 20:59 | イベント | Comments(0)