人気ブログランキング |

今日の過ごし方(1)

12月11日(金)

さっきからずっと雨音が続いている感じがする。小さめのピシャピシャとした絶え間の無い経のような雨足が演奏されている。出勤前の息子はそれを「あんたの料理している音だよ。降ってない」と一言言った。しかし玄関を出る時「雨だ」そう呟いた。

今は間違いなくそうなのだと思う。それを確かめに外に出る事を私はしない。
昨日グループカウンセリングで行った「ストレス耐性度チェック」のようなテストで、「物事の事実を確かめる」という項目は耐性度の高い行為らしい。ひょっとすると、心の一部が萎えたか折れたかしているのかも知れない。客観的な評価は必要なのだと思う。

起きて、2時間が経ち、キッチンのを整理し、昨夜の風呂で洗った湿ったセーターをネットの上で整えた。ストーブを着け、バナナジュース、イチゴジュース一杯ずつ、ゴールデンキュウイを1個を口にした。まだ寝間着にジャケットを着たままだった。紅茶とロールケーキが手元にある。水で顔を洗った時、鏡の中にいた私は、何も考えていないような見ず知らずの女だった。

確か、交感神経と副交感神経の話を昨日聞いた。今日、私のこの二つの自律神経バランスはどうなっているのだろう。

雨の中で交戦する。雨を物ともせず、オッサンの家に突進する。目がギラギラして涎を垂らし、頭の中でカンカンと警笛を鳴らして。「今スグ、助け出してやるよ、待っててくれ」と。交感神経さんよ、それはちょっとばかしおかしい。

もし副交感神経が亢進していると、ゆっくりした鼓動や呼吸の中で、雨を眺める。
「残念な話は世の中いくらでもあるさ」「まあ、助かってれば御の字」「こんな出来事が時々あるのが人の世ってもんさ」とのたまう。そいつもどうかな。

そのどっちもが私の中にいる。今は身体の機能がゆったりしている。でもいったん行動を起こすとそれは逆転し、不安とストレスの真っただ中に投げ込まれる未熟な遠泳生徒になってしまうのだろう。
by necojill | 2009-12-11 08:41 | 書き残し | Comments(0)