2017623日(木)


今日はどこから歩くんだろう。前回のことはスグには思いだせないのだ。あ、野ブドウ酒とトイレに鍵のかかった明戸駅で終わったんだ。都内某駅で友人と待ち合わせ、秩父鉄道の無人駅で降りた。トイレはやはり鍵がかかっていて私は草むらでおしっこをした。このあたりからのコースは(コースといっても下調べなしで人に聞いたり検討をつけて適当に行くのだが)荒川をたっぷり眺める感じだ。おまけに梅雨の晴れ間といえ、暑い。曇りではあるが風がないときは、非常に蒸し蒸しする。荒川の左岸から右岸に四本の橋を渡り直し、距離を稼げない。寄居のうなぎ屋、八千代うなぎ蒲焼店を午後1時までにつくのは諦め、荒川という地区で2時にやっと寿司にありついた。なんと寄居に着いたのは午後5時で今日はここで終了にした。膝はめちゃくちゃ痛い。秩父鉄道、高崎線、りんかい線を乗り継いで家に帰った。半額食品を冷蔵庫に入れ、風呂で髪も洗い、遅い夕食を食べると午後11時になった。


[PR]
2017年6月21日(水)

いちにち荒天だった。だいたい家にいて書類や電話のしごとをした。体操をじっくりしたが、子犬がじゃれてくる。冷やし中華を昼に作り、マツコの冷やし中華番組の録画を見ながら食べた。西海岸の友人さんにメールを送ってからもう1週間になる。

[PR]
2017年6月20日(火)

区の特定健診を予約していなかったのだが、かかりつけ医に常備薬を処方してもらうついでに窓口で「今日できますか?」と聞くとキャンセルがあったのでできた。問診、身長体重、採血と採尿、血圧と心電図と胸部レントゲン2枚、医師の診察があり大腸ガンの検便キットを持ち帰った。コルステロール薬と降圧剤は2か月ぶんの処方で、その後は今日の結果待ちにした。その足で区役所の健康管理係に行き、胃がん検診の申し込みをした。迷ったすえ胃カメラを希望した。自宅から医療機関に電話して2週間後の予約を取った。調剤薬局で薬を手にいれた。


夏日だったので犬にシャワーとカットをした。素人なので思うようにキレイに仕上がらないが仕方ない。私の趣味だし、経費節減になる。そのとき左手の甲を噛まれた。


検便がうまく出ない。明日、明後日でなんとかしよう。



[PR]
2017年6月19日(月)

床掃除をした。昨日整理した衣類から出た不用品を寄付しに近所のリサイクルショップに行った。空になったザックをもってモードオフで山用の衣類などを買い、成城石井により半額食品もその上に詰めた。日中は驚くほど暑かったが日が陰るとひんやりして来た。来週に関して気がかりなことはある程度解決した、と思う。自分の気持ちをメールで伝えたからだ。梅雨どきであること、犬はしつけ訓練中なのでまだクンクン鳴き、噛んだり唸ったりする、できれば(犬の声に煩わされない)二階の華奢なベッドで寝てほしい件など。おもにはこのうちの二つ目、犬のことだ。来週が素晴らしい1週間でありますように。

[PR]
2017年6月18日(日)

午後から降雨になった。食事は残り物で済ませ、一日中家にいてクローゼットのなかの衣類をひとつひとつたたみなおし整理した。こんご新しい衣類はいっさい必要がない分量だと、整理するたびに思う。昨日ソロ用テントのフライシートを買ったので、店員のアドバイス通り、部屋の中で張る練習をした。ついでに中にマット、シュラフもいれて横になってみた。犬も興味深々でテントの中に入って来た。7月にこれを使おう。依然、犬のブラッシングは二人がかりで押さえて行う。そして明日もたぶん午前3時半にクンクン鳴きが始まるのだろう。

[PR]
2017年6月17日(土)

明日は雨らしいので今日チャリで新宿に行った。かつやで310円の朝定食を食べて、100円引きのクーポンをまたもらった。大塚家具で来店ポイント300円分をもらった。これでポイントは合計で10,500円らしい。西口まで走り石井で注文したフライシートを10%オフの9,200円で買い、山手通りの肉のハナマサで食材を買い、コジマで涼しげな犬のキャリーを4,200円で買った。4面がメッシュになっている中国製だ。これで電車バス車内で暑がることもないだろう。ローラーは着いていないのだが。


私の犬は子供なので、問題が多い。主に二つあげるとすると、噛みグセと夜鳴きだ。多くのトレーニング本の著者やトレーナー自身の言葉によると、噛みグセには「服従のポース」や、そのつど「強く抑えたり叱ったりする」こと、夜鳴きには「完全無視」と書かれていたり言われたりする。その二つとも私には苦手で、現在どちらかというとエスカレートしている。なぜ噛むかというと、私がブラッシングなどの手入れをし、それが気に召さない。そして子犬にしては凶暴さにおいては私より数枚上手だ。夜鳴きの完全無視は近所迷惑を考えてしまう。犬のしつけ教室にもう少し通わなければならないのかもしれない。

[PR]
2017年6月16日(金)

朝、2回目の柔らかドッグフード(11歳以上用)を与えた。そのまえのウンチは半分は白っぽかったのは昨夜のフードのせいだろう。だが下痢とかではなくてよかった。食後に別荘地を散歩すると、玄関前のたった数メートルの歩行で私だけ左右の腿2箇所がヒルに刺されていた。長靴をはいてはいたのだが、その上がショートパンツだったからだ。そのヒルたちはまだ子供のようで、吸血をし始めたばかりの時点のを指で引き剥がし、刺された箇所の血を絞り出した。踏んでも生きていたので濃い食塩水を作ってひたすとしぼんだ黒い死骸になっていた。犬の方は抱いて通過しているのでだいじょうぶだった。


ようやくヤマト運輸が来て、私は犬のケージを組み立てた。フードとシーツもそろった。駅まで徒歩30分で急ぎ、6回乗り換えの電車とバスで家に着いた。犬を電車で移動する一番いい時間帯は空いている昼前後だが、そうではなかったので落ち着かせるのに手こずった。これからは落ち着いて寝れるキャリーケースを買うか、特急列車を使うなど工夫が必要だと思った。こんどの犬の性格にも原因するのだが、私の高齢化という点もある。

[PR]
2017年6月15日(木)

今日の午前中にアマゾンでいくつかの配達を予定していた。ところがそのうちの一件は、私の勘違いで明日だったと今朝になって気付いた。その中には、犬のフードがあったので今晩から食べ物がなくなり町まで買い出しに行かなければならなくなった。

午前中、ガス屋が床下配管と洗面所の給水を修理してくれた。壊れたシャワーヘッドは自分で新しいものとかえた。そのアマゾン商品の納品書をみると私のかいた住所が不完全で、ヤマト運輸の人を完全に迷子にしてしまった。昼食後に昨日のスーパーに行き、犬を外につないだ。ポイント7倍シールでまとめ買いをしようと店内を歩いた。しかしレジに並ぶ寸前に、別のシールを持って来てしまったことに気づいて品物を棚に戻しに行った。犬は大変おとなしく待っていた。バスと徒歩で戻った。犬に初めて柔らかフードを与えた。お腹をこわさないといいけど。

[PR]
2017年6月14日(水)

いろいろ失敗した。そのうち今日は二つ。二泊三日で栃木の山荘に向かったのだが、私の常備薬みっかぶんを東京に置き忘れて来た。途中の電車の座席に犬のおきにいりの白い縄状のオモチャを置き忘れた。三つ目はトラウマなりそうだった。

先の二つと同じく私が悪いことに変わりはないのだが。いや、くらべて考えたら一番悪いのだろう、スーパーで犬連れで入店したことがバレて厳重注意されたのだ。「すみません、すぐ終わりますから」と買い物を続けた。しばらくすると店員二人が前後で取り囲み、再び口頭注意したあと「レジは後にしてもらいましょうか」と私に店の外に出ることをうながした。私は春用ロングコートを脱いで、同色のファスナーを閉しめた状態のショルダータイプのソフトペットキャリアを店員の前にひろげた。犬をつなぐ場所探しながらこう質問した。「皆さんはどこにつなぎますかねえ」「皆さん車で来ます」が答えだった。私がレジを終えるまで犬を見てもらった。レジをしていると「やあねあの人、犬を連れてたのよ」と女の声がした。通報者がそのあたりにずっといらしたらしい、が姿は見えない。出来事の間じゅう私はまるで自分が警察に通報される少し前の万引き犯のように感じて緊張していた。そうしてこう思った、これからは一切やめようと。タクシーで家に着いた。

[PR]
2017年6月13日(火)

今日はいちにちのんびりした。雨空だったし。換気扇の、家を建ててから2回目の掃除をした。使い捨て手袋していたのでついでに水回りの掃除もした。買い物もせず、残り物で食事をした。犬とそうとう遊んだ。エクササイズもしたが、犬とボール遊びをしながらだ。あとは、、、、アライテントのフライを石井スポーツ新宿店経由で注文した。こうして短いいちにちは過ぎた。

[PR]

2017612日(月)


週明け、いくつかのことをした。まず二人掛かりで犬の爪を切った。冬にかけていた毛布を洗濯して中庭に干し、脱気袋に収納して棚に収めた。ついでに棚の整理も行った。ルンバをかけっぱなしにしながら犬を獣医に連れて行き、去勢手術の申し込みをした。しかしまだ左の睾丸が降りて着ていないので3ヶ月後に延期された。フィラリア薬は3ヶ月分処方された。若い獣医が「3ヶ月後にも5キロを超えないとこの分量の薬です」と言うので「先生、5キロ超えなんて考えられません」と私は言った。次に都税事務所に行き、固定資産税の筆頭者が土地と家屋で2種類になっているのを来年以降で直す手続きをした。今年の第二期以降の支払いの口座振替手続きをした。家屋の第一期分を支払った。家で昨日のつづき、次の旅行のバスの予約をなんとか終えた。荒川遡行の計画をたてた。体操をざっと終えて夕食にした。TVをみながらうただねをして、風呂に入って寝た。今のところ空梅雨だが明日は少し雨が降るようだ。


[PR]
2017年6月11日(日)

午後から駒場の小学校の会場でバラ会の総会と懇親会があった。その前の午前中の時間はパソコンにかかりっきりで次の旅行の予約を半分ほどした。総会では女性はみなキチンとしたドレスコードで、私はTシャツとパンツだったのでしょうじき浮いていた。しかも懇親会では新入会員としての挨拶を振られて焦った。友達づくりが入った目的ではないが、なかなか馴染めない。しかし一方では聞きかじったここでのバラの知識はたいへんありがたい。だからといってバラが私の心をつかむ訳でもないみたいだ、いまのところは。

[PR]
2017年6月10日(土)

東武の株主優待があまったので、まさかの日帰りで一人日光に行った。戦場ヶ原のだてのドリップコーヒーをたて、温泉でゆったりという犬連れではできない芸当を目論んでいた。赤沼でバスを降りると路面が黒々と濡れていて「ちょうど雨がやんだところですよ、よかったですね」とハイカーの一人に言われ喜んだのも束の間で、再び降雨になった。ポケット雨具を取り出してしのいだ。東京はもとよりいろは坂の下も雨の気配などなく、傘を持参しなかったのだ。途中、パークボランティアの腕章をしている人々に出会ったので挨拶すると、10 年前に一緒に活動していた人たちだった。「あ、鹿のセンサツしてた人だ」と私を覚えていてくれていた。光徳温泉まで靴が結構濡れた。せっかくの温泉もバスの時間があって短い入浴だった、が気持ち良かった。遅い電車で東京に戻った。

[PR]
2017年6月9日(金)

今日もいくつかのことを済ませた。まず①バラの夏剪定と誘引。次に②犬の伸び放題の毛のトリミング、③歯科で仮歯を入れてもらった。これらは3つとも集中力を要する結構な仕事だった。①も②も自己流でおこなった、のわりにはうまくできた。③も主治医のおかげさまでうまくいった。一ヶ月ぶりのようやくの仮歯ですぜ。これで人前でも堂々と笑える。夕食後に④次の旅行のことをネットで調べたが、見事に行き詰まった。英語サイトのせいです。明後日に持ち越そう。

[PR]
2017年6月8日(木)

1週間前に犬が飲み込んだぬいぐるみのプラスチック製の鼻が、ゲロで出た。病院に連れて行ったのは3日前らしく、経過観察だったが今日めでたく自然にゲロで出た。それは朗報だった。

私は午前中に福山通運からスーツケースを受け取り、犬用に大量に買った菓子やグッズを床に広げてみた。衣類を洗濯をして晴れた中庭に急いで並べ終えるや、美容院で増えた白髪を染めなおし、予約していた婦人科で子宮筋腫のエコーと子宮体がんの検査をした。5センチの筋腫が数個あるので子宮が他の人より大きいと言われたので「先生、私は腹筋を100回以上していてもお腹が割れないのはそのせいでしょうか?」とバカな質問をした。夕食後すぐ眠くなってしまった。



[PR]
2017年6月6日(火)

気がかりなことがわかったのは、すべてのパッキングを終えて、ヨーグルトと果物の朝食を部屋で済ませたあと、数分前に点灯していた友人のメッセンジャーに挨拶メールを送った後だった。「あんたのパスは7日だよ」とあった。まじか。手持ちのデルタの情報を見ても便は「今日」で「6日」だった。何かの間違いにしろ私のミスにしろノンリブはこりごりと思った。しばらくしてもう一人の友人からアドバイスのメールがあった。「たぶん英語の問題だと思う」と私は答えた。カウンターで何とかしよう。じっさい空港で何とかなった。「(あんたの順位は)ベーリーグッド、グッドグッド」と言われた。座席は「C2」でビジネスだった。するとゲンキンなものでバディパスも悪くないと思ってしまう。さらにもう一つ問題あった。数日前から非常用に持参し手付かずウイスキーのポケット瓶のすがたが荷物のどこにも見当たらない。最悪「酒類持込み禁止」のキリスト教施設に忘れて来たのかもで、出入り禁止になるか、少なくとも友人らがあきれ果てるかも知れない。予定より40分早く到着したが、1時間後に出るウイラーバスをラウンジで待った。日本が涼しい。

[PR]
2017年6月5日(火)

ここの三段ベッドは一つの部屋のなかにそそりたつ「3階建のカプセルホテルビル」って感じで私は一階の住人でラッキーなのだがカビ臭い。フロントの人はいい感じだけど、寝るとこが狭すぎ。昨日ケガしたアタマを2度もぶつけ悲鳴をあげた。有名らしいドーナッツ屋で朝飯をしたあとチェックアウトを11時にして路面電車で空港に着いた。次のエアポートホテルのシャトルサービスを頼み、アーリーチェックインをした。近所の韓国人の経営する「エアポートカフェ」で照り焼きチキンライスを食べたあと、ふたたび空港にシャトルで行き、たった一本のビールと明朝ようの果物のためにひと疲れした(酒類にかんしてレジで年齢確認のIDを要求されたんで自分の歳を言ったら、じゃなくて生年月日を言えって言われた、若いきれいな女よ、いやね)。ようやくひろびろした個室の生活だ、ドミトリーとは天地の差、1泊だけだけどね。この古い建物を大事にリノベーションしてる感じは悪くない。ええと旅は時々こうじゃなくちゃね。さあ明日やっとかえれるわ。

[PR]
2017年6月4日(日)

カプセルホテルのような狭い空間で朝寝坊していた。ほぼすることはもうない感じで、東京で自分の犬が昨日ぬいぐるみの黒いプラスチック製の鼻を飲んでしまった結末だけが気になっている。あとすることがあるといえば、山用品店に行き買い物をすることくらいだ。午前10時頃出かけた。最初パタゴニアに行くと店舗が移動していた。11時に同じビルのピザ屋で遅い朝ご飯にした。次にレイとい総合店に行き、色々相談してノースフェイスのスタッフバッグを買う寸前にやめ、近くのノースフェイス本店でLサイズのグリーンを買い、背負ってひとまわりした数分後に返品した。再びレイに行き、Lサイズの白で地図の模様のを買い、それも背負ってひとまわりしたあと、あまりの大きさにガクゼンとして返品した。結論てきには大きさやら色の関係で、帰国後ノースフェイスの通販で買うことに決めたのだ。まあ今回買えなかったけど、それはそれ、よかったと思う。途中、面白い店でハンバーガーとビールを頼み、朝昼それぞれ酒込みで千円ってとこ。途中ヘイトスピーチ反対デモに会った。宿に戻ってもあまり空腹ではなかったので屋上で安ワインを残り物のお菓子で飲んでいる。いろんな人たちがいる。

[PR]
2017年6月3日(土)

朝起きて頭全体に違和感も無くも無いが、体調は思ったよりよかった。ホテルの近所の川沿いにサタデーマーケットがあるようなのでふらっと行ってみた。今日はそれが終わってから薬局に行けばいいやと考えていた。犬と息子に小さな土産を買い終わって、ふと見るとマックスという路面電車が走っていたのでふらっと乗りワシントン公園に再び自分がいた。ビジターセンターに着いたのは昼で飲み物とお菓子を2種類買った。一番簡単なの車椅子用のトレイルを聞いて歩き、そのあと下までも迷いながら歩いた。イヤな感じもしたが、昨日転んだ場所も通った。花々の素晴らしい家々を見ながら大通りまで降りた。タコスバスが停まっていたので2ドル75セントの辛いタコを食べた。薬局とグッドウィルに寄りバスに乗るとすぐに降ろされた。パレードで通行止めになっていた。グッドウィルでそれぞれ7ドルで買ったかさばる造花の観葉植物を持って宿まずっとバーンリッジ通りを歩き、ピザ一切れ3ドルで買いホテルの屋上でコークで食べた。イケアで私も買った屋外の用のチェアーがあった。涼しい。くつろいで食べたかったので、無礼にも使っている人に余ったクッションを一つ借りるとすごく嫌な顔された。腹もふくれた。せっかくなんで着込んでからパレードを見に行った。すごい出しものの種類だ。地元高校も頑張っている。午後11時近くで通行止め解除になりいきなり見物客が帰路に流れた。熱いシャワーをして寝た。

[PR]
2017年6月2日(金)

頭を打った。頭部外傷という傷病名だ。CTを撮ったので2,400ドルかかった。おまけに保険会社に請求するための金額領収書をもらいそこねた。CTの結果がでて問題がなく、それはよかった。しかし疼痛は続いていて不安はあるし気分は良くない。明日目が覚めればラッキーだ。急な憎悪なんかあったらたまったもんじゃない。一人旅だから何が一体私に起こったかなんて誰一人知らない。緊急連絡先は書いたか。


まだ明るいのでワシントン公園のバラ園にでも行ってみようと二つ目の小洒落たホテルのチェックインを済ませ軽いスナックを昼飯の代わりに食べたあと思い着いた。ポートランドの西部のこいなかからまた77番バスにのり、とある駅を大荷物で降りると、そこは1週間前にムスリム少女へのヘイトテロがあった場所で殺人事件憂う人だかりがあった。ホームに降りるエレベーターが故障していて親切人が私を助けてくれた。そのまえにも車椅子の人を熱心に助ける人々の姿も見た。西海岸だ、街の道々に精神的に病んだ感じのひとも多い。行きのバスでは飾り帽子の爺さんがバスを降りがてら大声で怒鳴り散らして、女の客は目頭を押さえていた。園内のシャトルバスのドライバーは巨漢で運転席から肉がはみ出していて食べ物の入ったクーラーボックスからバナナを取り出して全身の細胞に栄養を与えながら運転していた。バラ園はバラ園だった。どちらかというとビジターセンターを訪ねたかったがついたのは午後5時半すぎで閉まっていた。20号に降ろうと子連れの人々に道を聞き、階段を先に降りた矢先、最後の2、3段ですべった。


杖を二本持っていたのでいきなり体制が傾き左側のレンガの塀に左後頭部を強打した。カーンという高い音が頭の中で響き少しのあいだうずくまった。親子連れが通り過ぎた。すぐにコブが出来、痛みがはじまった。マンションのビルの1階が駐車場になっていて2、3人がいた。私が病院の場所を聞くと、その家族はちょうど食事に行くところなのに送ってくれた。アージェント部の診察を受けた。頭のなかに血が漏れている感じ、と私が訴えると、そうか、そんなにもか、と受入先がアージェントからイマジェンシーに変わったそれは主に待ち時間で構成されていて、ごくたまに看護師の質問、ここはどこかわかるか、大統領の名や今日が何月何日か、バイタル、アイスパット、保温されたタオル、CTの検査や医師の問診やこぼれたアイスパットが靴下を濡らしたのをとりかえたりもしたし、トイレも何度も行ったし、タクシーも何十分も待った。医師の問診と会計には電話機の受話器を使った通訳がついた。すべてが、4時間以上かかって終わった。


痛みは相変わらずだったが、タクシーに乗るとホッとした。ドライバーはフレンドリーで腹が減ってると言うとマックのドライブスルーに連れていってくれてフィッシュバーガーとフレンチフライとコークが5ドル99セントで手に入った。チップをはずんで15ドル払いホテルに着いた。午後11時を回っていた。この国は私をあまり歓迎していない感じがする。

[PR]
2017年6月1日(木)

このホテルの北側にコロンビア川という大河が流れているようで、荒川素行実験中の私としては興味しんしん。フロントで地図をもらい気軽な散歩気分で傘と飴ちゃん持って出かけた。ところがどっこい、遠い。途中にウォルマート発見。駐車場の兄ちゃん姉ちゃんに「ここ何時に開くんねん?」と聞くと「24時間やねん」と笑われたけど思い起こせばウォルトンで真っ暗な早朝ウォルマート行ったなあ。で喜ぶが財布不携帯。小銭が何故かあるんで帰りに食糧買おう。遠い遠い。やっと着き公衆トイレを使ったり自撮りなどした。途中、環境省さんが釣り人のサカナをモニタリングしていはった。スーパーでは電動カートを乗り回して安物だけ買い、近所の公園で食べた。金持ちや観光客と一緒にホテルで食べるよりずっとマシな気がして。そのあとまだ脚が元気らしく、ついでにもう一つ反対側に走っているサンドリバーにも行ってみようという気になってしまった。着くともう川沿いを楽しむ体力は無く、たんに小洒落たトラウトデールの中心を往復した感じ。宿に帰って疲れてボーっとしてから、買ってきた食べ物をつまみ、風呂にはいって早めにねてしまった。このベッドのマットレスは好きだ。風呂もバスタブで感じがいいのだが湯がぬるい。そして全体的に好みだ。明日は移動日。

[PR]
2017年5月31日(水)

3時半に起き、最後の品物をザックに詰め、ダーティーシーツとダーティータオルを置き場に投げ込んだ。ヨーグルトをお腹に入れて最後のゴミ袋も置き場に投入した。4時前にバンのライトがついていたので自分の荷を後部に入れた。「おはようジルさん」と挨拶があり女の友人の見慣れたキャリーオンスーツケースとダンボールが私の二つの荷の間におかれた。「あれ彼女も飛ぶの?」と聞くと「その事はもう2、3回言ったよ」が答えだった。「さあAVLだ」とドライバーが言った。3人は降り、2人はこっちまで音の聞こえるキスとハグをしていた。私と友人はこれまでで一番無感情なハグをして、まるで出所する時の受刑者と看守みたいだ、と思った。彼女と私は ATLまで一緒だった。彼女は順位が高いノンレブだったし、上の席には空きもあるみたいなのに私の隣のコーチを選んでくれた。ATLで別れ、私はターミナルFのラウンジにしばらくいた。本当に2週間ぶりだったが、朝っぱらからビールを2杯飲むといい感じになってさっき別れたばかりの友人に短い電話をかけていた。ポートランド便に乗り、犬の映画とマクドナルドの映画をみおわるとちょうど着陸した。乗り継いだ下車駅にはホームレス臭とホームレスゴミがあり、やはり西海岸だと感じた。77番バスにはサービス犬が2匹乗っていて、その飼い主のうちの一人、視覚障害の女性と雑談しながらホテルに着いた。とても古く不思議な感じで、客もやはり一風変わってみえた。館内をぶらぶらしたついでにハッピーアワーのバーでハンバーガーとビールを頼んだ。チップを入れると、私のドミトリー一泊代くらいになった。まあたかがハンバーガーとビール一杯を払う資産がないわけでもない。財布をもっていなかったので部屋代につけてもらった。そのあとバルコニーでうただねしたり、生演奏を聴いたり、温水プールにつかったりしてのんびりした。客たちはたいていカップルで、廊下のベンチやプールやそこらじゅうで折り重なったり、からみあったり、なでまわしたりしている。しかし女用ドミトリーはいたって健全だ。はやく日本に帰りたい。

[PR]
2017年5月30日(水)

最後に丸一日オフをくれたのは粋な計らいだと思う。朝寝坊し、食堂に駆け込み、部屋を片してパッキングをした。すぐ昼ご飯でラザニアをたらふく食べて昼寝をした。目がさめるともう午後4時で5時の夕食にご近所さんたちと行き、自分でビルドする(って言うんだ)ナチョスを美味しくいただいた。何人ものボランティアとお別れと再会の約束の挨拶を交わした。午後8時過ぎてようやく外が薄暗くなってきた。旅の途中、という感じはしなくもない。先進国だからといって100%安全というわけでもない。下痢(気味)や虫刺されは相変わらずだし背中は草むしりで痛い。街中はこことは違ってよい人ばかりで構成されているわけではないだろう。

「秋(Autumn)」という名のいい香りのヤンキーキャンドルを、今夜も嗅ぎたいのでパッキングしないでベッドの脇にのせている。飲み残しのコーヒーは2つの紙カップに半分ずつはいったままだ。明日の朝、3時半に目覚ましをかけ、4時に出るバンで空港に送ってもらうことになっている。


[PR]
2017年5月29日(月)

ここでの最後のボランティアワーク、ようするに一日中草むしりだった。それはそれで象徴的だしステキだった。ただ背中と腰に来た。今朝の打ち合わせで、打ち合わせとは責任者のジェームズが7名ほどの従業員とボランティア全員集めて15分間ほど仕事の組み立てや注意点や目標やら雑談やらをはなすのだが、まえにも書いたとおり英語の聞き取り能力がゼロで蚊帳の外なのが、つらい。今日のは短かった。終わったあとさんさんごごに持ち場に散っていく時、ジェームズが「ジル、ちょっと」と声をかけた。あとで開けると嫁さんの姉妹さんの作った素晴らしい石鹸をいただいてしまった。例によってお嬢さんのクッキーありがとうカードもあった。金曜日にはベスからチョコレートとカードをもらった。こっちの品物はがずかしいほど安物だったのでマズイなと思った。

取りあえず仕事は終わった。

もんだいは昨日買ったドデカい寝袋だ。ネットで調べてみると別に安くない。そもそもアラスカでキャンプなんてできるんだろうか。フライはどうするんだ。食糧は。ザックの容量は。ノースフェイスとは言え、買わされた。相手が英語で売って来ると負けるな。

[PR]
2017年5月28日(日)

さて今日はどうしようと考えていた。アイスクリームのイベントでJCに何となく日曜にキャンプグランドに行くと言ってあり、昨日も念を押したので朝の予定はたっていた。それとブラックマウンテンへの片道をシーラが送ってくれるところまでも。だけど昨夜の下痢や軽い頭痛が私自身に「休め」と告げているみたいにもかんじる。でもまあ行ってみようか。
ゲルハルトが世話を頼んでいるトイプードルはこげ茶色の賢い1歳半のオスだった。マイケル、自分自ら応募して初めて来たというやせてニコニコした男、がそこに住んでいるのも不思議なかんじがしたモーターホームのたくさんある場所をちょこっと往復し、いぬを抱いたり遊んだあと二回目の朝ご飯を食堂で食べ部屋に戻った。したくをしているとノックがあって私は希望の場所、イングルスに下ろしてもらった。4千円ほど日曜雑貨を買ったあとグッドウィルまでの道を歩き出すと山道具屋が開いていた。時間をかけてシュラフとインナーを買った、合計で2、3万円したが。次の目的地、グッドウィルまでがとても遠かった。たいしたものも買わずに疲れて戻り、預けてあったスリーピーングバックは店の外で見ると悲しいほどに大きい。返品しよう悩みながら歩いているとRCCのゲイルが向こう側から私を呼び出した。本当にラッキーなことに帰りのクルマに乗せてもらえた。シャワーをして夕食に行き、友人二人と会った。そのあとは一人で雑用をした。ようしあと2にちだけだ。

[PR]
2017年5月27日(土)

フリマーケットに連れて行ってもらった。シェーラというリユニオン仲間のボランティアと4人で。クルマの中で喋り続けていたのは彼女と友人さんで理解出来ない英語の怒濤の中を40号線を西に走った。そこは以前も来たことのある場所で私は実用的なモノをまあまあの量買った。つぎに少し離れたメキシコ料理屋に行き私はまた鶏のスープを頼んだ。帰ってからすぐ、売りに出されている家を見たりボーイズキャンプなどを今度は彼女のクルマで回った。帰って食堂で夕食を取っているあいだ私は二度下痢をしてしまった。ちょっと汚れたパンツを手洗いして布団にはいった。

[PR]
2017年5月26日(金)

今週最後のキンム、おまけに天気も回復した。朝は肌寒いので赤シャツを二枚重ねで食堂に行った。昨日の場所でさらに草を取り、一年草を植えた。しだいの暑さが増し、シャツも一枚脱いだが意味はない。天から地面から熱気が攻めてくる。ベティが80歳代だと誰にわかるだろう。「ベティ、私はあなたよりずっと歳取ってるわ。身体的にも頭のほうもよ」と口にださずにいられない。そのベティのモノマネを何度友人にリクエストされただろう。今日など彼女のすぐ近くで私がモノマネを披露し危うく気づかれたのではないか、と思ったほどだ。雨の日の泥仕事ほどではないが、カンカン照りはそれはそれで疲れた。汚れた衣類を「湯」にセットした洗濯機洗い、乾燥機にぶち込んで取り出したあと、それをたたむ余裕もなく半乾きの髪を枕の上に敷いたタオルの上に広げて仮眠した。なんとか目覚め、夕食の時間の終わる10分前に食堂に飛び込んだ。まだかろうじて友人らがいて、2人は一足先にアイスクリームのイベントに向かった。数分後私もそこにいて、モーターホームのキャンプ場でジャーマンシェパードとトイプードルの世話をしているJFと、多分日曜に犬を見せてもらう話をした。ここにいる人々は、まるで誰にも悩みなどまったく無いか、もしあったとしても神の加護ですでに救われているので、おたがい心が開いていて説明しにくい温かみに包まれている。私はというと、ここは特別なのじゃないか、現実は別にあってもしかするとここの人々には見えないのではないか、とも思う。たとえば、食堂で皿洗いや椅子やテーブルを揃えている若い軽受刑者たちがいい例で、私には休憩時間にうつ伏せて休んでいる姿しか目に入らないが、彼らはまったく幸せそうにない。祝福された選ばれた人々とは違う皿にのっているごちゃまぜ料理たちだ。たぶん私もどちらかというと、そう。

[PR]
2017年5月25日(木)

今日も変わりやすい天気だったが午前中は雨とは無縁だった。ただ気圧が変わったのか冬のように冷え込んでいる。朝4時起き、風呂と体操1時間と残り物の部屋朝食を終え、8時集合のショップにむかい急坂を登った。昨日に引き続きエントランスの看板の周りの草取りと黄と紫の一年草を多数植えた。そのあとは昼をはさんでマウントローレルという名の4階建ホテルの裏の草取りをした。木曜日に、つまりこんやアシアナという名のアジア料理食べ放題の店に行く約束がしてあり、午後6時に集合した。アシアナは相変わらず美味かった。子供が多い。結局3時間もいたのは、私が宗教の話題を振ったからで、それはそれで楽しかった。アルコールアノニマスの名を出すと2人とも大きく頷いた。それ以外では「で、あんたたち死が怖くないんだ?」という私の質問が終わったあと間髪をいれず2人は首を横に振った。動作がぴったりで見事だ。とにかく私がキリスト教信者でなくてもリッジクリストは受け入れ続けててくれそうなことはわかった。午後10時近くにスプルースに戻った。

[PR]
2017年5月24日(水)

雨の中、アヤメの死んだ頭をクリッパーで切り落とす作業をした。二つの硬質プラスチックバケツをぶら下げ、その一つには飲み物の小さなペットボトルを入れてある。ときどきそれを取り出して、飲むわけでもないのだが、ひっくり返して椅子にして座った。両手には黒色のMサイズの薄手使い捨て手袋をして布製の帽子を被っている。安っぽい雨具をズボンの上に履いてはいたが足は運動靴だし、赤いボランティアシャツの上には何も羽織っていない。だからそういったものはすべて濡れた。アヤメの場所は限られていていて、ひろい敷地内を雑草をぬきぬき彷徨いながら弱い雨に打たれていたからだ。午後からはゴアゴアした大きすぎる黄色の雨具を渡され、靴や靴下も乾いたものに履き替えたので風邪をひくことはなかった。雨の中の作業は疲れる。終わったあとは身につけていたもの全てを洗濯機にぶち込んた。普通は2日分くらいはためるのだけど。それにしても食欲がなさそうで、私は皿に盛ったものはすべてたいらげてる。おどろいたものだ。

東京で私の犬はアマゾンで買った骨の形をしたガムを喜んで食べてくれているらしい。気がまぎれるかな。よかった。

[PR]
2017年5月23日(火)

たいていは6時に目覚ましをかけて5時半には起きてしまう。まず毎日3回入る風呂の一回目のバスタブに浸かって赤シャツに着替える前に今日など時間があったので、昨日から再開した体操を半時間した。友人さんのいる男席で食べたが、私に絶対聞き取れないスピードにワザとしてるみたいな会話をしてどこかに行ってしまった。オフのレイチェルが親切にもショップまでクルマで送ってくれた。雨は一日中だったし特にヒドい時もあった。私とベティは温室の中のほとんどの鉢を植え替えた。全ての食事を食べ過ぎていた。朝、カギカードを部屋に忘れたことが過食の苦しさの次の失敗だった。といってもまあ大した失敗とはいえない。

[PR]